米大統領補佐官、「非核化の成果あれば対北制裁解除検討」

米大統領補佐官、「非核化の成果あれば対北制裁解除検討」

米国のジョン・ボルトン国家安全保障問題担当大統領補佐官が6日、「北朝鮮の非核化に成果があれば対北経済制裁解除を検討する可能性がある」と明かした。特に来年早々に予定されている2回目の米朝首脳会談は、北朝鮮の金正恩国務委員長には「またとない機会」とし、北朝鮮の非核化への約束の履行を求めた。

ボルトン補佐官はこの日、米国の公営ラジオNPRとのインタビューで、2回目の米朝首脳会談について、「争点は北朝鮮の言葉ではない。私達は数十年間、核プログラムを放棄する意志が北朝鮮にあると聞かされている」と、「私達が見なければならない物は成果(performance)」と述べた。

続けて、「成果を収めれば経済制裁解除(removing)を検討する可能性もある」と強調した。対北超強硬派とされるボルトン補佐官が、非核化の成果と対北制裁解除を関連付けて言及したのは異例の事。

ただしボルトン補佐官は、制裁解除に必要な具体的な非核化の要件には言及しなかった。米国政府は今まで、「完全な非核化」が先にあってこそ、制裁解除が可能になるとの立場を守って来た。

ボルトン補佐官は来年早々に予定されている2回目の米朝首脳会談について、「トランプ大統領は、シンガポールでの首脳会談で北朝鮮がした約束を履行する機会を与えようとしている」と、「大統領は北朝鮮のためドアを開けており、朝鮮はそのドアに歩いて入って来なければならない」と主張している。

同補佐官は、「これは北朝鮮体制で唯一の意思決定権者である金正恩委員長が、シンガポールで言った言葉を履行するまたとない機会」と強調した。

「1回目の首脳会談が上手くいかなかったにも関わらず、何故2回目という報奨を与えるのか」との質問に対しては、「大統領がその事を金委員長に対する報奨だと思っているとは考えていない」と答えた。

「2回目の会談が最後の機会なのか」という問いには、「大統領が何をするのかは、前もって判断はしない」とし、「金委員長は未だ会談の場にはいない。私達はその事(会談)が成される事を見守る必要がある」と話した。

2回目の首脳会談の時期については、「新年初日以降のある時点で(some time)開かれるだろう」と説明した。トランプ大統領は今月1日、2回目の米朝首脳会談が来年1月か2月に開かれる予定だとし、「3ヶ所を会談場所として検討中」と明かした。ポンペオ国務長官も、「1月1日以降間もなく開かれるだろうと考えている」と話している。

ボルトン補佐官は、先月初めに中止となった米朝高位級会談について、「ポンペオ長官は2回目の米朝首脳会談のため、(11月6日の)中間選挙直後に会談日程を取りまとめたが、北朝鮮が取り消した」と述べた。

翻訳:水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 先月27日、UPbitから流出した580億ウォン(約53億円)相当の仮想通貨が事件発生後の2週間で1…
  2. 「逃亡犯条例」改定案への反対で始まった「香港デモ」の参加者らが、米時事週刊誌タイムの読者が選んだ「今…
  3. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  4. 株式会社「帝美」は12月10日、東京・目黒に位置する雅叙園で開催された、会員数1000人を超える年商…
  5. ナイキが「ブロックチェーン・スニーカー」の特許を出願した。 10日(現地時間)、ザ・ブロック…

おすすめ記事

  1. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  2. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  3. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  4. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  5. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
ページ上部へ戻る