華為技術幹部逮捕に中国の強まる米非難…報復措置を警告

華為技術幹部逮捕に中国の強まる米非難…報復措置を警告

中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)の幹部逮捕に中国内の反米ムードが強まっている。中国政府系の新華通信と中国共産党機関紙の人民日報など官営メディアは10日、華為技術事態と関連し、一斉批判コメントを報じながら、「すべての責任が米国にある」と攻勢を強めた。

新華通信は同日、「中国国民の合法的な権利は侵害されてはならない」というタイトルの論評を通し、「法律的に孟晩舟・最高財務責任者(CFO)は、カナダの法律に違反していない」とし、「今回の逮捕は、中国国民の正当な権利を侵害した」と批判した。また「特にカナダと米国は、中国側に孟氏がどんな法律に違反したかとその証拠を提示していない」とし「さらに属地・属人主義の観点から見ても、カナダの当局は孟氏を逮捕する権利がない」と強調した。

人民日報も私説を通じて「中国国民の合法的であり、正当な権益を侵害してはならない」とし「このような行為は深刻な代価を払うことになるだろう」と警告した。また「カナダは明確な理由もない状況で、罪のない人を拘留し、当事者の人権を侵害した。まだ嫌疑が確定されていない状況で、当事者に手錠はもちろん、足枷までつけた」とし、「カナダと米国に文明国の資格があるのか」と非難した。

人民日報系の環球時報は同事件の黒幕に米国があると非難を強めた。同紙は「米国は自身たちの司法手段を乱用し、中国国民を脅かした」とし「米国とカナダが中国の国民に対して悪質な行為をした責任は絶対に避けられないものであり、中国はこれに対し強力な反撃を加えるだろう」と警告した。

中国内では反カナダと反米国ムードが強くなり、両国の中国訪問日程がキャンセルされている。実際にカナダ西部のブリティッシュコロンビア州の貿易使節団は日本を経て、中国を訪問する計画だったが、取り消ししたことが伝えられている。ブリティッシュコロンビア州は声明に出し「現在進められている孟氏と関連する司法手続きのため、中国訪問計画を取り消した」と発表した。

中国が孟氏の逮捕と関連し、報復でカナダ人を抑留する可能性があり、こういう懸念から中国訪問を控えるよう呼び掛けているいるようだ。実際に中国外務省は8日、北京駐在のカナダ大使を呼び出し、孟氏を即刻釈放しなければ、相応の措置を取ると警告した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. ハロウィンの梨泰院圧死事故では、緊急災害メッセージの発信が遅かったとの批判も見られる中、韓国政府も緊…
  2. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  3. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  4. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  5. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
ページ上部へ戻る
Translate »