「仮想通貨、不確実な未来価値に依存…ドットコムバブルと同じ」

■「仮想通貨、不確実な未来価値に依存…ドットコムバブルと同じ」=有名ジャーナリスト
ブルームバーグの編集長を務めた米国のジャーナリスト、マッチュー・ウィンクラー氏が仮想通貨について批判した。18日(現地時間)CCNによると、ウィンクラー氏は最近の仮想通貨下げ相場について「不確実な未来価値に依存している点が、2000年のドットコムバブルと似ている」とし「近いうちに上昇に転じるだろうと信じている、一部の投資家の楽観的な見通しはただの自己慰安に過ぎない」と厳しく批判した。

しかし、合理的な資産価値の評価が困難な仮想通貨に比べ、ブロックチェーンの技術は特定可能な本質的価値を持っているとし、その可能性を高く評価した。

■世界最大手マイニング企業ビットメイン、IPOに暗雲
世界最大のマイニング企業ビットメイン社の新規株式公開(IPO)が順調ではない模様だ。コインテレグラフによると、最近、ビットメインのIPOについて否定的な世論が形成されているという。続く仮想通貨の下落によってマイニングから期待される価値が当初より低くなったのが原因。

さらに違法的なマイニングを行った疑惑で、500万ドル規模の集団訴訟にも直面しており、IPOのの悪材料となっている。香港証券取引所(HKEX)は同社のIPOと関連してコメントを控えた。

■インターネット途切れても衛星で仮想通貨の取引が可能に
18日(現地時間)、ビットコイニストによると、ブロックチェーン技術企業のブロックストリームは、インターネットがなくても衛星ネットワークを利用して、仮想通貨の取引を可能にする技術を開発した。

衛星ネットワークを利用すれば離島や僻地、砂漠などのインターネット接続が困難な地域でも、仮想通貨の取引を継続することができる。ブロックストリーム側は「政府などの中央統制から抜け出し、安定的な取引サービスが可能だ」と紹介した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »