「仮想通貨、不確実な未来価値に依存…ドットコムバブルと同じ」

■「仮想通貨、不確実な未来価値に依存…ドットコムバブルと同じ」=有名ジャーナリスト
ブルームバーグの編集長を務めた米国のジャーナリスト、マッチュー・ウィンクラー氏が仮想通貨について批判した。18日(現地時間)CCNによると、ウィンクラー氏は最近の仮想通貨下げ相場について「不確実な未来価値に依存している点が、2000年のドットコムバブルと似ている」とし「近いうちに上昇に転じるだろうと信じている、一部の投資家の楽観的な見通しはただの自己慰安に過ぎない」と厳しく批判した。

しかし、合理的な資産価値の評価が困難な仮想通貨に比べ、ブロックチェーンの技術は特定可能な本質的価値を持っているとし、その可能性を高く評価した。

■世界最大手マイニング企業ビットメイン、IPOに暗雲
世界最大のマイニング企業ビットメイン社の新規株式公開(IPO)が順調ではない模様だ。コインテレグラフによると、最近、ビットメインのIPOについて否定的な世論が形成されているという。続く仮想通貨の下落によってマイニングから期待される価値が当初より低くなったのが原因。

さらに違法的なマイニングを行った疑惑で、500万ドル規模の集団訴訟にも直面しており、IPOのの悪材料となっている。香港証券取引所(HKEX)は同社のIPOと関連してコメントを控えた。

■インターネット途切れても衛星で仮想通貨の取引が可能に
18日(現地時間)、ビットコイニストによると、ブロックチェーン技術企業のブロックストリームは、インターネットがなくても衛星ネットワークを利用して、仮想通貨の取引を可能にする技術を開発した。

衛星ネットワークを利用すれば離島や僻地、砂漠などのインターネット接続が困難な地域でも、仮想通貨の取引を継続することができる。ブロックストリーム側は「政府などの中央統制から抜け出し、安定的な取引サービスが可能だ」と紹介した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  2. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…
  3. ジョン・ボルトン元・米国国家安全保障問題担当大統領補佐官の回顧録の内容が更に公開され、トランプ政権の…
  4. サーモンが新型コロナウイルスの感染源だという濡れ衣を晴らした。ノルウェーと中国の両国は、サーモンは新…
  5. 安価で広く使われている抗炎症治療剤「デキサメタゾン」が、新型コロナウイリスの治療剤として急浮上した。…

おすすめ記事

  1. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  2. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  3. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  4. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  5. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
ページ上部へ戻る
Translate »