ソフトバンクが上場…圧倒的な配当利回りにも初値は下落 理由は?

ソフトバンクが上場…圧倒的な配当利回りにも初値は下落 理由は?

通信業界2位のソフトバンクの上場に注目が集まる中、上場初日は売り優勢気味で始まった。19日11時30分時点でソフトバンクの株価は1374円前後で推移している。同日の始値は公開価格の1500円より約2%安の1463円だった。

ソフトバンク(SB)の親会社であるソフトバンクグループは、SBの株式37%を市場に出した。これを通じた資金確保予想値は約2兆6000億円で、規模としては過去最大。ソフトバンクグループは、上場などを通じて確保した資金を人工知能(AI)などの先端技術分野に投資する方針だ。

投資家の注目を集めたのは配当利回りで、NTTドコモやKDDIを大きく上回る5%に達すると予想される。しかし、最近ソフトバンクと関連するいくつかの悪材料で、初日の値動きが期待より伸びない模様。今月初め、大規模な通信障害で携帯電話サービスが4時間以上中断されたことをはじめ、提携関係のファーウェイをめぐる米中の対立、国内携帯市場の飽和感など株価に悪影響するイッシューが相次いで浮上し、成長への期待感が薄まっている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイリスの世界的大流行(ファンデミク)が5ヶ月以上続いているなか、全世界の感染者数が600…
  2. 民間宇宙旅行時代の幕が上がった。米国の宇宙企業スペースXが現地時間5月30日に初の有人宇宙船発射に成…
  3. 米国電気自動車メーカー「テスラ」の最高経営責任者(CEO)イーロン・マスク氏が800億円を超える成果…
  4. 中国が香港の国家保安法を制定し、米国がこれに対する制裁の動きを見せている事で、世界経済にも「危険信号…
  5. 韓国政府が再び防疫措置を強化することを発表した。新型コロナウイリスの感染拡大をいち早く封じ防疫の手本…

おすすめ記事

  1. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  2. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  3. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  4. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
  5. 韓国の産業通商資源部は12日、日本の対韓国輸出規制強化措置について「我々は日本が提起した事由を全て解…
ページ上部へ戻る
Translate »