「2018年は仮想通貨が底打ちした年」=イーサリアム創業者

「2018年は仮想通貨が底打ちした年」=イーサリアム創業者

イーサリアムの共同創業者ジョセフ・ルービン氏は今年の2018年を「仮想通貨が底打ちした年」と定義した。CCNによると、ルービン氏はツイッターに「今年は、仮想通貨が底を打った」とし「天は崩れない。2019年の仮想通貨市場は非常に明るい」と伝えた。

しかし同発言に対し、ネット上では賛否両論が飛び交った。あるユーザーは、「最近、従業員の60%を解雇した企業の代表が言うことではないだろう」と非難した。

トロン(TRX)の創設者で、仮想通貨界の毒舌家として有名なジャスティン・サン氏もイーサリアムを狙った辛口コメントを残し、波紋が広がっている。サン氏は23日、ツイッターに「イーサリアム価格が90%下落し、代表的なイーサリアムソフトウェア開発会社であるコンセンシスが全従業員の60%を解雇するなどイーサリアムのエコシステムは崩壊している」とし「これは資金が底をつくときに発生することだ」と批判した。

またイーサリアムの共同創業者ヴィタリック・ブテリン氏を名指しして「開発者がイーサリアムのエコシステムを離れた。プロジェクトは、沈没する船のように沈んでしまうだろう」と毒舌を飛ばした。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国で新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が急増している中、米疾病対策センター(CDC)が韓国への…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大により中国国内にある工場の正常稼働が遅れ、経営への影響が憂慮される。新型…
  3. 韓国外交部の康京和長官がドイツで開かれるミュンヘン安全保障会議(MSC)に参席し、現地時間15日午前…
  4. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  5. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…

おすすめ記事

  1. 世界的に7万人に近い感染拡大を招いた新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の震源地について、当初知ら…
  2. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  3. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  4. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  5. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
ページ上部へ戻る
Translate »