中国仮想通貨企業、相次ぐリストラ

■中国仮想通貨企業、相次ぐリストラ
続く仮想通貨市場の低迷で、ビットメインやフオビなど中国の仮想通貨企業の立地が大きく揺れている。27日(現地時間)CCNなど海外メディアによると、世界最大のマイニング社であるビットメインが最近、イスラエルの研究開発センターを閉鎖し、約20人の研究員全員を解雇した。中国内の人材も最大50%ほどリストラするという話も聞こえている。仮想通貨取引所フオビも、大規模な人員削減計画を立てるなど、中国の仮想通貨企業の経営難が続いている。

■全体ICOのうち15%以上が欠陥、約70%は収益率誇張
2017年から現在までに行われたICO(新規仮想通貨公開)のうち、500件を超えるICOプロジェクトが様々な問題を持っていることが分かった。27日(現地時間)コイン・テレグラフの記事によると、2017年から現在まで行われた3291件のICOプロジェクトの白書を調査・分析した結果、15.6%にのぼる513件のICOが盗作、詐欺などの深刻な問題を抱えていることが分かった。また、2000件を超えるICOプロジェクトでは投資収益率について誇張したり、虚偽のフレーズを使用したと指摘している。

■フランスのワイン会社がビットオーシャン買収
高級ワインメーカーとして有名なフランスの酒流会社マディソン(Madison)が日本の仮想通貨取引所「ビットオーシャン」を買収した。27日(現地時間)、ビットコインドットコムによると、マディソン・ホールディングスはビットオーシャンの株式67.2%を1512億ドルで買収し、筆頭株主になった。マディソン側はビットオーシャンの買収を通じて事業の多角化を推進していく計画だ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイリスの感染拡散の憂慮などで主要国の経済活動の回復が遅れる可能性が高まっている。…
  2. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  3. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…
  4. ジョン・ボルトン元・米国国家安全保障問題担当大統領補佐官の回顧録の内容が更に公開され、トランプ政権の…
  5. サーモンが新型コロナウイルスの感染源だという濡れ衣を晴らした。ノルウェーと中国の両国は、サーモンは新…

おすすめ記事

  1. WHO(世界保健機構)が新型コロナウイルスの感染拡大はまだ進行中であり、来週には全世界の患者数が10…
  2. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  3. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  4. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  5. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
ページ上部へ戻る
Translate »