映画『麻薬王』、あっという間の139分間

映画『麻薬王』、あっという間の139分間

1970年代の韓国は、イ・ドゥサムにとって事業的才能を思う存分発揮できる舞台だった。そして2018年の最後を飾る映画『麻薬王』は、俳優ソン・ガンホにとって自身の演技的才能を惜しみなく発揮できる舞台である。

『麻薬王』は、たとえそれが麻薬であろうと輸出すれば愛国者だと言われた1970年代を舞台に、しがない密輸人イ・ドゥサム(ソン・ガンホ)が伝説の麻薬王になるまでを描いた作品。

『インサイダーズ/内部者たち』のウ・ミンホ監督と俳優ソン・ガンホ。この組み合わせだけでも期待値が高まるが、二人はそれぞれの領域でいかんなくその才能を発揮し、想像以上のシナジー効果をもたらした。

「この国は俺の力でもっている」。イ・ドゥサムが残した言葉通り、『麻薬王』はソン・ガンホの演技が全てだといっても過言ではない。温かく気さくな家長の姿から、欲望に支配され自身を極限まで追い込んでいく姿まで、シーンによって七変化する彼の演技からは一瞬たりとも目が離せない。麻薬王と呼ばれたイ・ドゥサムは、当時の麻薬密売人すべての象徴となっている。

またチョ・ジョンソク、ペ・ドゥナ、キム・テヨン、キム・ソジン、イ・ヒジュン、チョ・ウジンなどをはじめイ・ソンミン、キム・ホンパなど個性あふれる演技派俳優らが脇を固め、作品をよりいっそう豊かに彩っている。

『麻薬王』は、決して麻薬犯罪を美化する映画ではない。韓国最大の港町・釜山を拠点とし、国全体を揺るがした実際の事件をモチーフにしているが、人間の変わっていく様子、そして暗黒期と呼ばれていた70年代当時の韓国を、『麻薬』というテーマを用い赤裸々に描いている。激動の時代とその時代を生きた人々の物語を辿っていくと、139分という上映時間もあっという間に感じるだろう。

存在感のある俳優として圧倒的な評価を受けているソン・ガンホ。彼のフィルモグラフィー史上、最も多彩な表情を見ることができる。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 現地の人材をブロックチェーン専門のエンジニアとして育成し、技術開発に投入する目的で、インドでの事業展…
  2. 米テスラは、中国・上海工場で生産する電気自動車にLG化学のバッテリーを搭載することを決定した。LG化…
  3. ドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」は22日(現地時間)、同社が電気自動車メーカー「テスラ」…
  4. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、済州企業の日本市場進出拡大のため、8月21日(…
  5. 韓国政府が22日、日韓軍事情報保護協定(GSOMIA)破棄を電撃決定したなか、河野太郎外務大臣はこの…

おすすめ記事

  1. 韓国の食品医薬品安全処は21日、放射能が微量検出されて返送履歴がある輸入食品の安全性検査件数を2倍に…
  2. 昨年6月に第2次世界大戦以降初めて、西ヨーロッパ最初の大衆迎合主義(ポピュリズム) 政府がイタリアに…
  3. 韓国国民の4人に3人は、日本が経済報復措置を撤回しない限り日本製品の不買運動は続くと予想した。…
  4. 日本製品の不買運動の影響でユニクロなど日本ブランドの韓国モバイルアプリケーション(アプリ)の利用率が…
  5. 日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする…
ページ上部へ戻る