トランプ氏「米朝首脳会談場所を間もなく発表する」

トランプ氏「米朝首脳会談場所を間もなく発表する」

ドナルド・トランプ米国大統領は6日(現地時間)、「第2次米朝首脳会談の場所が間もなく発表されるだろう」と伝え、北朝鮮側と米朝首脳会談の場所について協議していることを示唆した。

トランプ大統領は今月1日、ツイッターを通じて金委員長の新年辞を肯定的に評価し、「米大統領と会談する準備はできている」との金委員長を発言に対し、「私も会談することを楽しみにしている」と答えた。

韓国メディアは、今年に入って米朝の両首脳の良好な雰囲気が見られていることから「トランプ大統領が会談場所を言及し、近いうちにその場所を発表することを予告したのは、水面下の交渉がある程度の成果を出していることを示している」と評価している。

しかし、米朝の交渉が膠着状態に陥った原因が対北朝鮮経済制裁の緩和をめぐる米朝の立場の差で発生しただけに、首脳会談が近い内に開催されることを期待するのは時期尚早との観測もある。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  2. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  3. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  4. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…
  5. 米国ホワイトハウスでの新型コロナウイルス感染拡大が止まらない。日々新たな感染者が発生し、現在までホ…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »