韓国童謡『サメのかぞく』、米ビルボードで38位に…人気の理由は?

韓国童謡『サメのかぞく』、米ビルボードで38位に…人気の理由は?

今月8日、韓国の童謡『サメのかぞく』(英題:Baby Shark)が、米ビルボードのメインシングルチャート「HOT100」で名だたるアーティストらを押し退け32位にランクインするという快挙を成し遂げた。15日発表された順位では38位となり、2週連続でランクイン。『サメのかぞく』のブームがさらに拡大する模様だ。

米ビルボード「TOP100」と言えば2012年にPYSの『江南スタイル』が7週連続2位、また昨年には防弾少年団(BTS)の楽曲が11位にランクインし話題となったが、童謡のランクインは初めてだ。

『サメのかぞく』は、英語圏の口承民謡(chant)をリメイクした2分程度の童謡だ。家族のサメが順番に登場しながら歌う「トゥールルットゥル」という中毒性のあるメロディと、可愛いアニメーションから人気に火がついた。アイドルやユーチューバーなどが紹介したこともあり、子どもだけでなく老若男女問わず幅広く愛されるコンテンツとなった。

『サメのかぞく』は2015年末に動画サイトYouTubeで公開されて以降話題を集め、2016年には韓国でYouTube再生回数1位、また3大音源チャートの童謡部門でも1位を獲得している。オリジナルの他に「クリスマスバージョン」や「サメのかぞく体操」など様々なコンテンツが作成され、現在も人気は続いている。

こうした国内での人気が世界へと繋がった。過去には2018年に英オフィシャルシングルチャート(Official Singles Chart)へのランクインを果たし、世界にその名を知らせた。また2017年にはインドネシアで「#babysharkchallenge」というハッシュタグを付けた動画の投稿が流行した。スマートスタディ社がYouTubeの視聴データを集計した結果によると、全体のクリック数のうち87%は海外からのものであったという。

子ども向け音楽とされてきた童謡が米チャートにランクインしたことで、その人気の理由に関心が集まっている。専門家らの分析によると、中毒性の高いメロディと単純な構造の繰り返しで誰でも真似しやすいためだという。また制作者サイドも同様に、歌いやすいシンプルな歌詞と耳に残るリフレインを理由の一つとして挙げた。

ニューヨークタイムズ(NYT)などの海外メディアも最近、『サメのかぞく』に関連した記事を出している。同紙は「ビルボードでTOP40入りするのは決して簡単なことではない。あのジミ・ヘンドリックですらたった一度しか実現できていないのだから」と伝えた。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  2. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…
  3. 新型コロナウイルスの発生を最初に告発したものの、逆に中国政府の弾圧を受ける事になってしまった李文亮医…
  4. ビットコインは強力的な抵抗線である1万ドルを突破した。ビットコインが1万ドル台に進入したのは昨年11…
  5. 「ウクライナ・スキャンダル」から始まったドナルド・トランプ米国大統領に対する弾劾案が現地時間5日、米…

おすすめ記事

  1. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  2. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  3. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  4. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  5. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
ページ上部へ戻る
Translate »