中国製造業PMI、3年ぶりの低水準に

中国製造業PMI、3年ぶりの低水準に

中国製造業の活力がますます弱体化されているそうだ。中国の購買担当者景気指数(PMI)が3カ月連続で景気萎縮局面を指し、3年ぶりの低水準を記録した。

中国国家統計局は28日、2月の製造業PMIが49.2となったと発表した。これは市場予想の49.5に満たない水準で、49.0を記録した2016年2月以来、3年ぶりの低水準となった。

米中貿易戦争の余波が昨年末から本格化し、最近のPMI傾向が下落から抜け出せずにいる。中国の製造業PMIは昨年12月に49.4を記録して約2年ぶりに50を下回った後、今年2月まで3ヶ月連続で下落が続けている。PMIが50を超えると景気拡大局面、下回れば景気萎縮局面にあることを意味する。

製造業PMIの下落傾向は、最近の中国政府の景気浮揚政策が市場で適切に受け入れられていないことを示すシグナルとして読み取られている。中国当局は、預金準備率の引き下げを通じた流動性供給の拡大、地方政府債の発行を通じたインフラ施設への投資拡大、減税と補助金支給を通じた消費振興などの積極的な景気浮揚カードを相次いで出している。

一方、昨年の中国の経済成長率は6.6%で、1990年以来、28年ぶりに最も低い水準に落ちた。今年の経済成長率の予測値も否定的で、6.0〜6.5%と予想されている。

【減速鮮明の中国経済】

中国製造業PMI、2ヶ月連続で50下回る
中国、米国のファーウェイ起訴に強く反発…米中貿易交渉に悪影響か
中国の自動車市場縮小、本当の理由は?
韓国、輸出にも赤信号…中国経済減速に大きく揺れる韓国経済
中国、昨年の経済成長率が6.6%…過去28年間で最低に

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国のドナルド・トランプ大統領が19日、イランに強力な最終警告を投げ掛けた。この日の警告は、イラクの…
  2. 脱北女性の多くが中国で売春などを強要されていると、英国の民間団体が発表した。…
  3. 米国証券取引委員会(SEC)がビットコインETF(上場投資信託)の承認判断を再び延期した。SECは2…
  4. 「韓国経済、下落に突入…2020年代には成長率1%台」 -生産性の鈍化で成長率は下落…拡張的…
  5. 米中貿易交渉を再開するための最後のチャンネルと期待されている、両国の高位級貿易交渉が岐路に立たされて…

おすすめ記事

  1. 2019-5-20

    ファーウェイ、「米市場を放棄してでも、妥協はしない」…攻勢に出る中国

    米中貿易交渉を再開するための最後のチャンネルと期待されている、両国の高位級貿易交渉が岐路に立たされて…
  2. 2019-5-14

    激化する米中貿易摩擦、次は通貨安競争か

    貿易交渉で対立している米国と中国が、最悪の状況を想定した防御の準備に苦心している模様だ。安定に維持し…
  3. 2019-5-13

    Uberも上場直後から株価急落…スタートアップの限界露呈?

    2014年のアリババ上場後、約5年振りの超大型新規株式公開(IPO)として注目を集めていたUberだ…
  4. 2019-5-9

    イラン、核開発再開を宣言… 緊張感高まる中東情勢

    イランが西側諸国と2015年に締結した核合意の履行を一部停止するとの方針を8日(現地時間)に打ち出し…
  5. 2019-5-8

    再び浮上する「北朝鮮リスク」…韓国の国家信用等級格上げは遠く

    韓国の国家信用等級格上げの障害となっていた北朝鮮リスクが、再び浮上する兆候がみられる。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る