中国、米国のファーウェイ起訴に強く反発…米中貿易交渉に悪影響か

中国、米国のファーウェイ起訴に強く反発…米中貿易交渉に悪影響か

米中貿易戦争の行方を決める両国間の貿易交渉を控え、米国が中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)を電撃的に起訴した。これを受け、中国は「政治的な意図がある」として、強く反発している。

中国外務省は29日、米司法省がファーウェイの最高財務責任者(CFO)兼副会長の孟晩舟氏を金融詐欺、通信詐欺、技術窃取などの疑いで起訴したことについて、「最近、米国が中国の特定の企業を打撃し、正常で合法的な経営活動を抹殺しようとする。その背後には、強い政治的意図がある」とし「米国は、ファーウェイ社を含む中国企業に理由のない圧迫を中断し、中国企業を公平に遇してほしい」と述べた。

また「米国とカナダは、中国国民の合法的な権益を深刻に侵害した」と指摘しつつ「カナダも中国の厳重な立場を真剣に受け入れ、孟氏を即刻釈放し、彼女の合法的な権益を保障すべきだ」と強調した。

米司法省のファーウェイ起訴と中国政府の激しい反発は米中貿易交渉が間近に迫った中で起きており、今後の動きに注目が集まる。中国の交渉代表団は、今月30〜31日に米・ワシントンで、米国との貿易紛争を妥結するための高位級会談に出席する予定。すでに中国の劉鶴副首相が率いる交渉代表団が28日、ワシントン入りをした。しかし、今回の事態で両国間の溝はさらに深まる様子で、交渉妥結にまでは難航が予想される。

【米中貿易摩擦】

中国、対米貿易黒字「ゼロ」を提案

米中、7〜8日に貿易交渉

今年始まった世界貿易戦争、影響は来年から本格化の見込み

米中貿易戦争「90日間休戦」…完全妥結までは道のり長く

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「毎瞬間、改革しなければならない」失われた20年という「死の谷間(デスバレー)」を乗り越えた日本企業…
  2. 新型コロナウイリスの感染拡散の憂慮などで主要国の経済活動の回復が遅れる可能性が高まっている。…
  3. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  4. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…
  5. ジョン・ボルトン元・米国国家安全保障問題担当大統領補佐官の回顧録の内容が更に公開され、トランプ政権の…

おすすめ記事

  1. WHO(世界保健機構)が新型コロナウイルスの感染拡大はまだ進行中であり、来週には全世界の患者数が10…
  2. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  3. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  4. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  5. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
ページ上部へ戻る
Translate »