帰路を急ぐ金正恩氏、北京素通り…習近平氏との会談はない

帰路を急ぐ金正恩氏、北京素通り…習近平氏との会談はない

2回目の米朝首脳会談を終えて帰路についた北朝鮮の金正恩委員長の列車が4日、中国・北京に立ち寄らず平壌に直行していることがわかった。

中国消息筋によると、2日にベトナムから出発した金委員長の専用列車は同日午前7時頃(現地時間)、中国・天津を通過した後、北朝鮮・平壌に直行する道を選んだ。当初は北京経由が予想されたが、最短ルートで平壌に向けている模様で、北京に立ち寄って習近平中国主席と会談するとの当初の見当が外れることになった。

韓国メディアは平壌直行を選んだ理由について、成果なく終わった2回目の米朝首脳会談と関連し今後の対応方針を議論しなければならないとの点が優先されたと見ている。また、中国最大の政治イベントである全国人民代表大会と全国人民政治協商会議が開始されたことも影響されたと見られる。

【揺れる米朝関係】

ボルトン補佐官「米朝ハノイ交渉は失敗ではない」
米韓首脳会談が急浮上…文大統領、トランプ大統領に「直接会おう」
北朝鮮が反論、「要求したのは制裁の一部解除」
米朝首脳会談決裂…金正恩氏は沈黙 北朝鮮メディアも報道せず
米朝首脳会談が決裂…「北朝鮮が完全な制裁撤廃を要求」
金正恩氏「連絡事務所設置は歓迎すべきこと」

関連記事

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイリスの世界的大流行(ファンデミク)が5ヶ月以上続いているなか、全世界の感染者数が600…
  2. 民間宇宙旅行時代の幕が上がった。米国の宇宙企業スペースXが現地時間5月30日に初の有人宇宙船発射に成…
  3. 米国電気自動車メーカー「テスラ」の最高経営責任者(CEO)イーロン・マスク氏が800億円を超える成果…
  4. 中国が香港の国家保安法を制定し、米国がこれに対する制裁の動きを見せている事で、世界経済にも「危険信号…
  5. 韓国政府が再び防疫措置を強化することを発表した。新型コロナウイリスの感染拡大をいち早く封じ防疫の手本…

おすすめ記事

  1. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  2. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  3. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  4. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
  5. 韓国の産業通商資源部は12日、日本の対韓国輸出規制強化措置について「我々は日本が提起した事由を全て解…
ページ上部へ戻る
Translate »