ボルトン補佐官「米朝ハノイ交渉は失敗ではない」

ボルトン補佐官「米朝ハノイ交渉は失敗ではない」

‐「バッドディール」より「ノーディール」が米国の利益にかなう
‐非核化が無ければ対北制裁解除は無い

先月28日に決裂で終わった2回目の米朝首脳会談で、米国は自らが求める非核化の要求項目を含んだ、「ビッグディール」文書を北朝鮮側に渡していた事が分かった。この文書には、核などの大量破壊兵器の放棄と、これに伴う経済的な見返りに関する内容が込められている。

米ホワイトハウスのジョン・ボルトンNSC(国家安保会議)補佐官は3日、米国メディアとのインタビューで、北朝鮮に対しビッグディール文書を渡していた事を明らかにし、「今回の2回目の米朝首脳会談を、失敗とは見ていない」と強調した。ボルトン補佐官は、米国内で対北超強硬派として知られる人物。

ボルトン補佐官は、「ドナルド・トランプ米国大統領は会談を進めながら、ビッグディール、つまり非核化を北朝鮮に要求し続け、核と化学兵器、弾道ミサイルを放棄する決断を迫り、その対価として壮大な経済的未来を持つ事が出来る事を伝えた」と話した。

また、北朝鮮が提示した寧辺(ニョンビョン)の核施設廃棄については、「かなり制限的な譲歩であり、老朽化した原子炉、ウラン濃縮施設、プルトニウム再処理施設の廃棄が込められていただけ」だったと評し、当時米国は、北朝鮮の金正恩国務委員長にビッグディールを要求したものの、説得出来なかったと話した。

ただしボルトン補佐官は、今回の首脳会談が「ノーディール」で終わった事については、「米国の国益が守られた会談だった」と、「失敗したとは考えていない」と話した。これは、中身を伴わない合意をする「バッドディール」よりは、むしろ「ノーディール」の方が良いという事だ。

更に「首脳会談の決裂により、米朝対話の扉が閉ざされたのではないか」との質問には、「トランプ大統領は1回目の米朝首脳会談に続き、ハノイでも扉を開けていた」と、「北朝鮮は扉から入る事が可能で、それは彼らに掛かっている」と答えた。

北朝鮮が誠意を持って再び動き出せば、改めて対話を行い、交渉を続けて行く意志はあるものの、米国がビッグディール、非核化に関する考えを今回のハノイ交渉で明確にしただけに、再び「扉を開けるための」北朝鮮の努力は、これまでとは違う物にならなければならないと、間接的に話したと見られる。

対北制裁についてボルトン補佐官は、「船舶間の積み替え(瀬取り)が出来ない様に、より厳しい対応策を考えており、他の国々とも、北朝鮮に更に圧力を掛ける様、対話している」と、北朝鮮の非核化があってはじめて、制裁解除が成される事を明確に提示した。

翻訳:水野卓

【揺れる米朝関係】

米韓首脳会談が急浮上…文大統領、トランプ大統領に「直接会おう」
北朝鮮が反論、「要求したのは制裁の一部解除」
米朝首脳会談決裂…金正恩氏は沈黙 北朝鮮メディアも報道せず
米朝首脳会談が決裂…「北朝鮮が完全な制裁撤廃を要求」
金正恩氏「連絡事務所設置は歓迎すべきこと」

米朝「決断の日」、ハノイ宣言に注目

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国で新型コロナウイルス事態がますます深刻さを増しているなか、政府の内部報告書が伝えられ、さらに懸念…
  2. 日本の安倍晋三首相が新型コロナウイルスの検査に「ドライブスルー」方式の導入を検討すると明らかにした。…
  3. ■中国中央銀行「CBDC開発は最優先課題」 中国の中央銀行である人民銀行が先週の3日、「中国…
  4. 米国内での新型コロナウイルス感染拡大について、ドナルド・トランプ米国大統領が「数多くの死亡者が発生す…
  5. -1ヶ月でマスク供給量は2倍に-マスク不足に対する市民意識にも変化 「薬局前の行列が消えまし…

おすすめ記事

  1. 民団中央本部の呂健二団長は8日、日本政府が新型コロナウイルスの感染拡大で非常事態宣言を発表したことに…
  2. 韓国では「社会的距離を置く」キャンペーンが19日まで2週間延長されたが、これまで休業を続けていた営業…
  3. 日本に拠点を置いて韓国のニュースを在日韓国人に伝える「ファイナンシャルニュースジャパン」が、在日韓…
  4. 今月1日の夜9時、夜の深まりとともに不夜城と化していた、韓国の渋谷と呼ばれる「弘大」では、まだ早い時…
  5. 韓国の文在寅大統領は30日、新型コロナウイルスの感染拡大による経済危機克服策の一環として、「所得下位…
ページ上部へ戻る
Translate »