米SEC委員長「全てのICO、証券法に基づき規制」

米SEC委員長「全てのICO、証券法に基づき規制」

米証券取引委員会(SEC)は、新規仮想通貨公開(ICO)を証券法の枠に当てはめて規制を行うと現地時間6日に発表した。

SECのジェイ・クレイトン委員長は同日の米経済番組CNBCのインタビュー内で「ICOに使用されるデジタル資産やトークンは証券である」とし「ICOが証券であるならば、我々が規制をかけるのは当然のこと」と従来通りの立場を強調した。

また彼は「誰かが私のお金で投資を行いその利益を還元するという場合、これは証券に値する。我々はこのようなケースについて規制を行わなければならないのだ」と語った。

さらに「ICOコミュニティへの配慮として、証券の定義について修正を加えるという法案は支持しない。長きに渡り大きな問題のなかった伝統的な証券定義をあえて修正するという計画はない」と付け加えた。

最近の中国・米国など主要国におけるICOの取締強化や、大手取引所の相次ぐ詐欺事例など悪材料の中でも依然として盛り上がりを見せるICOブーム。今年に入り実施されたICO の総到達額は90億ドルを突破し、昨年全体の2倍を軽々と上回った。また、メッセージングアプリのテレグラムが17億ドルを調達したことも明らかとなった。

クレイトン委員長は、法定通貨を代替できるという点でビットコインは証券に該当しないとした。彼は「ビットコインがドル・円・ユーロを代替することができるという理由から、証券として分類することは難しい」と述べながらも、イーサリアムやリップルなどその他の仮想通貨に関しては発言を控えた。

この日のビットコイン価格は上昇幅を持続して拡大し、7700ドル台を回復した。コインデスクによると、午後9時42分時点で前日比0.90%高の7724.53ドルで取引された。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. パウエル議長がまたも利下げ示唆…「適切に行動していく」 パウエル連邦準備制度理事会(FRB)…
  2. “リブラ衝撃”にBTCが急落…一部では6000ドルまで後退も予想 Facebookの独自仮想…
  3. 米国のドナルド・トランプ大統領は16日、北朝鮮問題について「制裁は引き続き維持されている」と、急ぐ事…
  4. 台風5号「ダナス」発生…日本への影響は? 台風5号「ダナス」がフィリピンの東海上で発生した。…
  5. 17日の仮想通貨市場は、ほとんどの銘柄が前日比10%以上の暴落を見せるなど重い雰囲気が漂っている。米…

おすすめ記事

  1. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  2. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  3. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  4. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  5. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
ページ上部へ戻る