再び復調気配の米国経済…製造業指数3月に入り反騰

再び復調気配の米国経済…製造業指数3月に入り反騰

-第1四半期企業決算にも注目

米国経済が、製造業が不振から抜け出した事で再び力を得ている。最近、景気沈滞への憂慮が高まっているのとは対象的だ。

1日、ISM(供給管理者協会)が発表した米国3月の製造業PMI(購買担当者指数)は、2月の54.2から55.3に上昇し、2016年11月以降の最大の不振から抜け出した。これは、ブルームバーグが経済専門家らを対象に実施したアンケート調査での予想値54.5を上回っており、生産と新規受注、雇用もともに上昇した事が分かった。

指数が50以上を示せば製造業の拡大を、下回れば収縮を意味する。

ISM製造部門調査委員会のティモシー・フィオレ委員長はグルームバークとのインタビューで、「米国の製造業が相対的に安定し、しっかりしており、バランスが取れている」と話した。また、「PMIが昨年ほどの水準ではないものの、適切な拡大傾向を見せている」と、「現在の動きからすれば、今年の米国経済は2.1〜2.5%の成長となるだろう」との見通しを述べた。

パンテオン・マクロエコノミクスのイアン・シェファーゾン氏は、今後数ヶ月の間、ISMの指数が現在の水準を維持するなら、「米国の製造業が危機を脱したと見ても良いだろう」と話している。またこの日、米国商務部が発表した2月の建設投資も前月比−0.2%としていた予測値とは違い、1.1%の増加となり、3ヶ月連続の上昇となった。

米経済チャンネルCNBCによると、住宅担保利子率が昨年に比べて低くなっており、住宅市場が再び活気を取り戻す兆候を見せている。その一方、米国商務部が同日に発表した米国2月の流通業界販売規模は、前月比で0.2%減少した。

投資家らは、今月発表される主要な米国企業の第1四半期決算に注目している。チャールズ・シュワブの最高投資ストラテジスト、リズ・アン・ソンダース氏は、「経済指標は良好だが、企業の業績が振るわなかった場合、短期的に市場ラリーの妨げになる可能性もある」と話している。

翻訳︰水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓流スターのソン・ヘギョ(37)とソン・ジュンギ(34)が離婚する。結婚して約2年ぶりだ。…
  2. 2030年までに世界製造業の雇用2000万件がロボットに奪われると、英国民間調査・コンサルタント会社…
  3. 取り残されてしまうことへの投資家の恐怖感がビットコインの価額を大幅に引き上げている。最近抵抗線とされ…
  4. 日本の安倍晋三首相と韓国の文在寅大統領の大阪G20期間中の首脳会談は行われない事になった。首脳会談を…
  5. 仮想通貨市場が銘柄別に騰落が分かれているなか、代表的な銘柄であるビットコインが上昇を続けている。コイ…

おすすめ記事

  1. 2019-6-25

    韓国外相「日本が報復措置をとると、韓国も黙ってはいられない」

    韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は25日、国会で開かれた外交統一委員会に出席し、徴用工判決問題と…
  2. 2019-6-21

    トランプ氏がイラン攻撃を承認?…米メディア「意見の分かれで命令撤回」

    トランプ米大統領が20日(現地時間)、イラン攻撃を指示したが、突然命令を撤回したことが分かった。米メ…
  3. 2019-6-19

    韓国外交部、「日韓企業からの拠出金で徴用工に被害補償」

    韓国外交部は19日、徴用工判決問題と関連し、日本と韓国の企業が参加する基金を造成し、徴用工の被害に補…
  4. 2019-6-15

    [ワールドレポート] メイ首相の涙とイギリスの先行き

    イギリスのテリーザ・メイ首相が今月7日、首相と与党党首から辞任した。2016年6月、国民投票でブレグ…
  5. 2019-6-13

    香港が米中摩擦の新たな火種になるか?

    香港が「犯罪人引き渡し法案」問題で大きく揺れ動いている。法案に反対する香港市民らが大規模デモを行い中…

アーカイブ

ページ上部へ戻る