再び復調気配の米国経済…製造業指数3月に入り反騰

再び復調気配の米国経済…製造業指数3月に入り反騰

-第1四半期企業決算にも注目

米国経済が、製造業が不振から抜け出した事で再び力を得ている。最近、景気沈滞への憂慮が高まっているのとは対象的だ。

1日、ISM(供給管理者協会)が発表した米国3月の製造業PMI(購買担当者指数)は、2月の54.2から55.3に上昇し、2016年11月以降の最大の不振から抜け出した。これは、ブルームバーグが経済専門家らを対象に実施したアンケート調査での予想値54.5を上回っており、生産と新規受注、雇用もともに上昇した事が分かった。

指数が50以上を示せば製造業の拡大を、下回れば収縮を意味する。

ISM製造部門調査委員会のティモシー・フィオレ委員長はグルームバークとのインタビューで、「米国の製造業が相対的に安定し、しっかりしており、バランスが取れている」と話した。また、「PMIが昨年ほどの水準ではないものの、適切な拡大傾向を見せている」と、「現在の動きからすれば、今年の米国経済は2.1〜2.5%の成長となるだろう」との見通しを述べた。

パンテオン・マクロエコノミクスのイアン・シェファーゾン氏は、今後数ヶ月の間、ISMの指数が現在の水準を維持するなら、「米国の製造業が危機を脱したと見ても良いだろう」と話している。またこの日、米国商務部が発表した2月の建設投資も前月比−0.2%としていた予測値とは違い、1.1%の増加となり、3ヶ月連続の上昇となった。

米経済チャンネルCNBCによると、住宅担保利子率が昨年に比べて低くなっており、住宅市場が再び活気を取り戻す兆候を見せている。その一方、米国商務部が同日に発表した米国2月の流通業界販売規模は、前月比で0.2%減少した。

投資家らは、今月発表される主要な米国企業の第1四半期決算に注目している。チャールズ・シュワブの最高投資ストラテジスト、リズ・アン・ソンダース氏は、「経済指標は良好だが、企業の業績が振るわなかった場合、短期的に市場ラリーの妨げになる可能性もある」と話している。

翻訳︰水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  2. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  3. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  4. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…
  5. ‐2018年1月以来の1万5000ドル超え‐コロナ禍に米大統領選の不確実性加わり‐大統領選不服によ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »