再び復調気配の米国経済…製造業指数3月に入り反騰

再び復調気配の米国経済…製造業指数3月に入り反騰

-第1四半期企業決算にも注目

米国経済が、製造業が不振から抜け出した事で再び力を得ている。最近、景気沈滞への憂慮が高まっているのとは対象的だ。

1日、ISM(供給管理者協会)が発表した米国3月の製造業PMI(購買担当者指数)は、2月の54.2から55.3に上昇し、2016年11月以降の最大の不振から抜け出した。これは、ブルームバーグが経済専門家らを対象に実施したアンケート調査での予想値54.5を上回っており、生産と新規受注、雇用もともに上昇した事が分かった。

指数が50以上を示せば製造業の拡大を、下回れば収縮を意味する。

ISM製造部門調査委員会のティモシー・フィオレ委員長はグルームバークとのインタビューで、「米国の製造業が相対的に安定し、しっかりしており、バランスが取れている」と話した。また、「PMIが昨年ほどの水準ではないものの、適切な拡大傾向を見せている」と、「現在の動きからすれば、今年の米国経済は2.1〜2.5%の成長となるだろう」との見通しを述べた。

パンテオン・マクロエコノミクスのイアン・シェファーゾン氏は、今後数ヶ月の間、ISMの指数が現在の水準を維持するなら、「米国の製造業が危機を脱したと見ても良いだろう」と話している。またこの日、米国商務部が発表した2月の建設投資も前月比−0.2%としていた予測値とは違い、1.1%の増加となり、3ヶ月連続の上昇となった。

米経済チャンネルCNBCによると、住宅担保利子率が昨年に比べて低くなっており、住宅市場が再び活気を取り戻す兆候を見せている。その一方、米国商務部が同日に発表した米国2月の流通業界販売規模は、前月比で0.2%減少した。

投資家らは、今月発表される主要な米国企業の第1四半期決算に注目している。チャールズ・シュワブの最高投資ストラテジスト、リズ・アン・ソンダース氏は、「経済指標は良好だが、企業の業績が振るわなかった場合、短期的に市場ラリーの妨げになる可能性もある」と話している。

翻訳︰水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が17日、新型戦術誘導兵器の射撃実験を視察したと、朝鮮中央通信が報じた…
  2. 韓国南部の晋州市(チンジュし)で17日、通り魔事件が発生した。40代男性が自身の部屋に火をつけた後、…
  3. 経済専門メディア「フォーブス」は16日、ブロックチェーンの分野で将来10億ドル以上の価値を持つと評価…
  4. 膠着状態に陥った米朝対話の勢いを取り戻すべく、文在寅大統領が4回目の南北首脳会談を計画しているものの…
  5. フランスの消防当局が16日(現地時間)、ノートルダム大聖堂の火災原因調査に本格的に着手した。…

おすすめ記事

  1. 2019-4-15

    仮想通貨業界で今年注目の4大ワードは?

    仮想通貨専門メディアのビットコインエクスチェンジガイドは最近、今年の仮想通貨の成長傾向を予測する4大…
  2. 2019-4-11

    実際のブラックホール写真が初公開…「我々の理論と予測が正しかった」

    世界で初めてブラックホールの存在とその姿が公開された。EHT(イベント・ホライズン・テレスコープ)理…
  3. 2019-4-9

    グーグルとアップルの覇権争いが勃発…5Gゲームコンテンツが収益源として浮上

    グーグルとアップルが5G常用化を前に、新たなゲーム・プラットフォーム開発を宣言した。グーグルとアップ…
  4. 2019-4-6

    スターバックス、真の目的はビットコイン銀行

    昨年8月、スターバックスがICEのBakkt(ビットコイン先物取引などを行うことができるプラットフォ…
  5. 2019-4-5

    没落した英雄…ゴーン会長が4度目の逮捕

    日本の検察は、保釈金を支払い先月6日に釈放されたカルロス・ゴーン前日産自動車会長を4日、特別背任容疑…

アーカイブ

ページ上部へ戻る