スリランカ、復活祭に連続爆弾テロ…容疑者7人逮捕

スリランカ、復活祭に連続爆弾テロ…容疑者7人逮捕

キリスト教の祭日である復活祭(イースター)の21日、スリランカで教会3ヶ所を含む8ヶ所で連続爆発事件が発生し、190人が死亡、400人以上が負傷した。

シンガポールの日刊ストレーツ・タイムズなどによると、最初の爆発は首都コロンボ北部のコッホチエードにある聖アントニオ聖堂で起こった。現地の病院によると、最初の爆発で少なくとも160人以上が負傷した事が分かっている。更に、ネゴンボとバティカロアにある聖堂でも爆弾が爆発した。当時聖堂では復活祭のミサが執り行われていた。

同日、コロンボにある「シャングリラ・ホテル」、「シナモン・グランド・コロンボ・ホテル」、「キングズベリー・ホテル」でも爆発事件が発生した。現地警察関係者はAFP通信を通じ、少なくとも9人の外国人観光客が死亡した事を伝えた。犠牲者の中には日本人も含まれており、外務省の発表によると、日本人女性1人が死亡し、4人がけがをした。

午後にはコロンボ南部のデヒワラ動物園前にあるホテルと、コロンボ北部のデマタゴダの住宅でも爆弾が爆発した。

スリランカのマンガラ・サマラウィーラ財務大臣はこの日、自身のツイッターを通じ、今回の事件が「殺人と混乱、無政府状態を作り出すために巧妙に組織化された攻撃」と述べた。

AP通信によると、スリランカの国防部はこの日、爆発事件の容疑者7人を逮捕した。

この日、ローマ法王フランシスコは、バチカンでの復活祭のミサを前に、今回のテロのニュースに触れ、「祈りの最中に攻撃に遭った現地のキリスト教共同体と、その様な残忍な暴力に犠牲となった全ての人に寄り添いたい」と話した。

一方、AFP通信によると、スリランカのプジット・ジャヤスンダラ警察庁長は今月11日、警察幹部らに海外情報機関からの情報として、イスラム過激派組織NTJが著名な教会を攻撃する可能性があると警告していた。

翻訳︰水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国で新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が急増している中、米疾病対策センター(CDC)が韓国への…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大により中国国内にある工場の正常稼働が遅れ、経営への影響が憂慮される。新型…
  3. 韓国外交部の康京和長官がドイツで開かれるミュンヘン安全保障会議(MSC)に参席し、現地時間15日午前…
  4. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  5. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…

おすすめ記事

  1. 世界的に7万人に近い感染拡大を招いた新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の震源地について、当初知ら…
  2. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  3. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  4. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  5. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
ページ上部へ戻る
Translate »