アップルが“時価総額1兆ドル達成”…「バブルではない」

アップルが“時価総額1兆ドル達成”…「バブルではない」

アップル(Apple)の時価総額が1兆ドルを突破した。アップルの株価は2日に2.9%高の207.39ドルを記録し、“時価総額1兆ドル”を達成した。時価総額1兆ドルを達成したのは民間企業としてアップルが初めて。特に専門家らは「バブルではない」とアップルの株価推移を肯定的に分析しさらに注目を集めている。

米テレビ局CNBCは専門家らの分析を引用。「(アップルの株価は)時価総額1兆ドル進入後、短期的に株価が下がるかもしれないが、アップルの長期的なトレンドは上昇基調を描くだろう」と報じた。
アップルの時価総額1兆ドル達成について否定的な意見も出ている。一部の投資家は、2000年代初頭のITバブル崩壊のように過去最高値を突破したのが今後の株価急落の口実になるではないかと懸念している。

しかし、CNBCは「短期的に株価が一部後退することはあるが、長期的な投資なら心配することはない」とし、「アップルのバリュエーションは“バブル”とは異なって、株価上昇もファンダメンタルズの改善が裏付けられている」と伝えた。

アップルは過去1年間、株価が22%上昇した。ニューヨーク証券取引所の代表指数スタンダード・アンド・プアーズ500(S&P500)が同期間中に6%上昇したことと比べれば、アップルの収益率は著しく高い。さらに会社の利益と株価を比較して株の割安性を測る株価収益倍率(PER)でもアップルの場合、市場平均より低い。アップルのPERは15.7倍で、S&P500の平均16.5倍より低い。高い実績が低いPERにつながった。アップルの第2四半期の売上高は前年同期比で17%増加した。S&P500の企業の平均売上高成長率見通しは8%だ。

また、ITバブル崩壊の時とは雰囲気も異なる。当時は単に成長見通しが明るいという漠然とした期待心理が作用し、途方もなく高いPERにもIT企業の株が買われた。2000年の当時、マイクロソフト(MS)のPERは59倍で、シスコは179倍、インテルは126倍、オラクルは87倍だった。

ニューヨーク大経営大学院のアスワス・ダモダラン教授は「アップルのバリュエーションは依然として適当で、高いPERレベルで取引されているものではない」と分析した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国IT大手カカオ、相乗りアプリの配信延期を発表… タクシー業界の猛反発に「協議し合う」 韓…
  2. 米タイム誌「今年の人」に韓国大統領が候補に…「朝鮮半島の緊張緩和に努力」 韓国の文在寅(ムン…
  3. ゴールドマンの楽観論、「しっかりとした消費が米景気を支える」 「株価下落や金利上昇の圧迫にも…
  4. ビットコインが反落…3500ドル割り込む ビットコインが反落し。再び3500ドル台を割り込んだ。コ…
  5. 華為技術幹部逮捕に中国の強まる米非難...報復措置を警告 中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)…

おすすめ記事

  1. 2018-12-10

    歪める韓国音楽チャート…アイドルのファンに占領された

    歪める韓国音楽チャート…アイドルのファンに占領された -評論家「組織的ファンを持たない歌手は…
  2. 2018-12-5

    拇印で結んだ契約 効力はあるか?

    [JL WATER JAPAN代表 朴性文の法律相談] 拇印で結んだ契約 効力はあるか? ‐…
  3. 2018-12-3

    拡大するAI活用、日本の7原則と中国の限界

    拡大するAI活用、日本の7原則と中国の限界 中国の指導部が人工知能(AI)をテーマにセミナーを…
  4. 2018-12-3

    米中貿易戦争「90日間休戦」…完全妥結までは道のり長く

    米中貿易戦争「90日間休戦」...完全妥結までは道のり長く ‐紛争拡大時には中国経済にも打撃…両国…
  5. 2018-11-27

    牛肉の産地情報もブロックチェーンで管理

    牛肉の産地情報もブロックチェーンで管理 ‐韓国情報通信部、来年1月よりブロックチェーンによる畜…

アーカイブ

ページ上部へ戻る