「ブロックチェーン規制自由特区」を目指す韓国釜山市… ICOの段階的制度化も検討

「ブロックチェーン規制自由特区」を目指す韓国釜山市… ICOの段階的制度化も検討

釜山市が「ブロックチェーン規制自由特区」の優先交渉権を獲得した。7月に開かれる規制自由特区委員会「ブロックチェーン規制自由特区」の最終審査を控え済州島と釜山市が競合を繰り広げる中、主管部署である中小ベンチャー企業部が先に手を差し伸べたのは釜山市であった。

釜山市が規制自由特区に選定されれば、釜山を拠点とするブロックチェーン関連事業は各種の規制が免除または猶予される。

釜山市による「規制自由特区事業計画」の提出を来月24日に控え、中企部のパク・ヨンソン長官は、ICOを含めた仮想通過規制に対し「関連部署との協議が前提」としながらも「米国やシンガポールなどの事例を参考に検討したい」と話した。果たして釜山市は韓国ブロックチェーン産業の中心に立つことができるのか、その動向が注目される。

7月のブロックチェーン規制自由特区指定を控え、中企部の優先交渉対象に選定された釜山市。規制自由特区事業の根拠法令である「自由特区法」は今月17日に施行された。釜山市は来月21日に公聴会を開き住民の意見をまとめた後、中企部に具体的な事業計画を提出する。

釜山市が提出したブロックチェーン特区事業計画は、全13事業から構成されている。釜山市はまず、ブロックチェーン技術を応用した産業への規制特例やモデルサービス支援などで、市場を先占する計画だ。また釜山国際金融センター・港湾・観光など地域資源と、金融・物流・医療など地域産業を有効活用し、クリプトビーチとして育成する方針だという。併せて、文現革新地区やセンタム革新地区にブロックチェーン産業と関連深い機関を誘致し、多様な支援を展開する予定だ。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国の巨大IT4社の時価総額が6日(現地時間)、1兆ドルに再進入した。 同日、グーグル親企業のアル…
  2. 「毎瞬間、改革しなければならない」失われた20年という「死の谷間(デスバレー)」を乗り越えた日本企業…
  3. 新型コロナウイリスの感染拡散の憂慮などで主要国の経済活動の回復が遅れる可能性が高まっている。…
  4. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  5. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…

おすすめ記事

  1. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
  2. WHO(世界保健機構)が新型コロナウイルスの感染拡大はまだ進行中であり、来週には全世界の患者数が10…
  3. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  4. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  5. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
ページ上部へ戻る
Translate »