フェイスブックは“ファーストペンギン”になれるか

[ファクトチェック] フェイスブックは“ファーストペンギン”になれるか…仮想通貨発行の可能性は?

世に氾濫する仮想通貨やブロックチェーン関連のニュースは果たして全て事実なのだろうか。ブロックポストは、事実関係の確認が必要だと思われるイシューを選別し、その真偽の程について検証してみることにした。

「発行はされるようです。あとは時期の問題ではないでしょうか?また、フェイスブックがブロックチェーン技術を適用するかどうかは見極めが必要です。ラインやカカオトークなど数千万人以上の利用者を持つ企業ですらも、自社のメインストリームサービスにブロックチェーン技術を適用していません」

TTCプロトコルのチャン・セソン理事は、フェイスブックコイン発行の可能性ついてこう答え、「時期、方法、深度」が重要になると予測した。

また同氏は、「フェイスブックが自社コインを発行するのであれば、世界の各国と産業全般に浸透するのに壁となっている規制がないことが大前提。フェイスブックは株式公開(IPO)を実施した上場企業だ。仮想通貨の導入には慎重にならざるを得ない」とした。

彼は続けて「フェイスブックならば、敢えて自社サービスにブロックチェーンを導入せず、ポイント制度を作るなどするだけでも反響は大きいだろう。同社が業界の“ファーストペンギン”となれるかどうか注目したい」と語った。

フェイスブックの仮想通貨発行と関連して世間に初めて知らせたのは世界的な媒体ブルームバーグで、メッセンジャーアプリ「WhatsApp」で使用可能な仮想通貨を開発中であると報じていた。昨年5月頃、フェイスブック社にブロックチェーンチームが新設されるというニュースが伝えられて以降、初めての具体的な進捗だ。

さらに今年初めニューヨークタイムズが「フェイスブックコインは今年上半期の発行を目標として、 複数の仮想通貨取引所で新規上場を試みている」と報道し、一連の疑惑をさらに強めることとなった。フェイスブックがブロックチェーン部門の人材を採用し始めたのもこの時期だ。

今月9日、ニューヨークタイムズのナサニエル・ポッパー記者は、自身のツイッターアカウントに「フェイスブックが自社コインの発行に向けてベンチャーキャピタルを募集している。世界的な大企業が、このように外部から資金を募るのは極めて異例」と投稿していた。フェイスブックコイン関連のニュースは、今後まだまだ続きそうだ。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. インドネシアのスマトラ島のアチェ特別自治州で、不倫などの疑いで公開むち打ち刑を受けた男性と女性が刑…
  2. 2019年に最も大幅の上昇を見せた仮想通貨はバイナンスコイン(BNB)であることが分かった。8日(現…
  3. 韓国政府は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のような仮想通貨の取引収入に対する課税案作…
  4. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  5. 写真はBTSのオフィシャルSNSから BTS(防弾少年団)が披露する新しい複合体験空間「BT…

おすすめ記事

  1. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  2. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  3. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  4. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  5. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
ページ上部へ戻る