ファーウェイ、「米市場を放棄してでも、妥協はしない」…攻勢に出る中国

ファーウェイ、「米市場を放棄してでも、妥協はしない」…攻勢に出る中国

米中貿易交渉を再開するための最後のチャンネルと期待されている、両国の高位級貿易交渉が岐路に立たされている。交渉の余地を残すため、慎重論を堅持して来た中国内では、米国の交渉姿勢を公に非難し、貿易交渉を拒否する可能性も示唆され始めている。

■中国が低姿勢から一転
香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストによると、中国政府のシンクタンクである社会科学院の国際問題専門家の陶文釗氏は19日、「スティーブン・ムニューシン米財務長官の訪中を待ってから行動に出ることが損ではない」と指摘した。

同氏は、「米国の信頼が引き続き不足するなら、彼がいつ来るのかを考えておく必要は無い」と、「この間の数回の交渉を経て、双方の間には既に十分な対話が行き交っている」と話した。米中貿易交渉が決裂した中で、再交渉の足場となるムニューシン長官の訪中を待ち望んではいないとの雰囲気がみられる。

中国の主要メディアの米国に対する全方位的な非難のレベルも、日増しに高まっている状況だ。官営メディアの環球時報は18日、「米国に対するあらゆる幻想を捨てる時」と題した社説で、「米国が法を無視したまま、ファーウェイの供給網を断絶する野蛮な行動をとっている」と、「科学技術分野で中国に宣戦布告した」と強く非難した。また同紙は、「中国は開放を引き続き拡大すると同時に、米国に厳しく対処し、闘わなければならない」と報じている。

■ファーウェイ会長も「妥協はしない」
米国の集中攻撃の対象となった中国の情報通信機器大手ファーウェイの任正非会長も、米国市場を放棄してでも妥協はしないと、強気の発言をしている。

任会長は今月18日、広東省深センのファーウェイ本社で、東京、朝日、日経新聞など日本メディアと面会し、トランプ政権のファーウェイ規制措置について、「ファーウェイは法律に抵触する事はしていない」と、「5G移動通信システム施設分野で米国が要請したとしても、応じる考えは無い」と不快感を表した。

またトランプ大統領については、「今日はある国を威嚇し、次は別の国を脅迫している。この様な状況で、誰が米国に投資するリスクを冒すのか」と、トランプ政権を激しく批判した。

日本メディアと異例のインタビューを行ったのは、先端技術輸入交流国として、米国の他に日本を考えているとのメッセージを伝えるためとの見方もある。

翻訳︰水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »