ファーウェイ、「米市場を放棄してでも、妥協はしない」…攻勢に出る中国

ファーウェイ、「米市場を放棄してでも、妥協はしない」…攻勢に出る中国

米中貿易交渉を再開するための最後のチャンネルと期待されている、両国の高位級貿易交渉が岐路に立たされている。交渉の余地を残すため、慎重論を堅持して来た中国内では、米国の交渉姿勢を公に非難し、貿易交渉を拒否する可能性も示唆され始めている。

■中国が低姿勢から一転
香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストによると、中国政府のシンクタンクである社会科学院の国際問題専門家の陶文釗氏は19日、「スティーブン・ムニューシン米財務長官の訪中を待ってから行動に出ることが損ではない」と指摘した。

同氏は、「米国の信頼が引き続き不足するなら、彼がいつ来るのかを考えておく必要は無い」と、「この間の数回の交渉を経て、双方の間には既に十分な対話が行き交っている」と話した。米中貿易交渉が決裂した中で、再交渉の足場となるムニューシン長官の訪中を待ち望んではいないとの雰囲気がみられる。

中国の主要メディアの米国に対する全方位的な非難のレベルも、日増しに高まっている状況だ。官営メディアの環球時報は18日、「米国に対するあらゆる幻想を捨てる時」と題した社説で、「米国が法を無視したまま、ファーウェイの供給網を断絶する野蛮な行動をとっている」と、「科学技術分野で中国に宣戦布告した」と強く非難した。また同紙は、「中国は開放を引き続き拡大すると同時に、米国に厳しく対処し、闘わなければならない」と報じている。

■ファーウェイ会長も「妥協はしない」
米国の集中攻撃の対象となった中国の情報通信機器大手ファーウェイの任正非会長も、米国市場を放棄してでも妥協はしないと、強気の発言をしている。

任会長は今月18日、広東省深センのファーウェイ本社で、東京、朝日、日経新聞など日本メディアと面会し、トランプ政権のファーウェイ規制措置について、「ファーウェイは法律に抵触する事はしていない」と、「5G移動通信システム施設分野で米国が要請したとしても、応じる考えは無い」と不快感を表した。

またトランプ大統領については、「今日はある国を威嚇し、次は別の国を脅迫している。この様な状況で、誰が米国に投資するリスクを冒すのか」と、トランプ政権を激しく批判した。

日本メディアと異例のインタビューを行ったのは、先端技術輸入交流国として、米国の他に日本を考えているとのメッセージを伝えるためとの見方もある。

翻訳︰水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米韓合同軍事演習が20日に終了する予定で、米朝実務交渉再開への期待感も高まっている。…
  2. 韓国上場企業の純利益が大幅に減少したことがわかった。しかし、サムスン電子やSKハイニックスを除けば、…
  3. 香港の「逃亡犯条例」に反対するデモ隊が18日、大規模集会を開き香港政府に対して強く抗議する中、中国人…
  4. 昨年6月に第2次世界大戦以降初めて、西ヨーロッパ最初の大衆迎合主義(ポピュリズム) 政府がイタリアに…
  5. ビットコインの創設者として知られている「サトシ・ナカモト」を名乗る人物がまたも登場した。その人物は日…

おすすめ記事

  1. 韓国国民の4人に3人は、日本が経済報復措置を撤回しない限り日本製品の不買運動は続くと予想した。…
  2. 日本製品の不買運動の影響でユニクロなど日本ブランドの韓国モバイルアプリケーション(アプリ)の利用率が…
  3. 日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする…
  4. 7月に韓国国内で販売された日本車の規模が1年前に比べて17.2%も減少したことが分かった。日本政府の…
  5. まるでドラマの様だった6.30米韓朝首脳の板門店会合から1ヶ月が過ぎた。板門店会合をドラマと表現した…
ページ上部へ戻る