香港が大混乱…「逃亡犯条例」改正案に反対する大規模デモ

香港が大混乱…「逃亡犯条例」改正案に反対する大規模デモ

香港の「逃亡犯条例」改正案をめぐる反対デモが激化している。9日には100万人の市民がデモに参加し同条例に反対したと伝えられている。しかし、香港行政長官は同改正案の成立を進める姿勢で、市民との対立は激しくなる見通しだ。

香港特別行政区のキャリー・ラム行政長官は10日、「逃亡犯条例の改正案を撤回する考えはない」とし、強行推進を明らかにした。また「この改正案は国境を越えた犯罪と国家的な犯罪において、香港が国際的義務を履行することができるように保証する非常に重要な法案だ」と強調した。

改正案の核心内容は、香港で逮捕された容疑者を中国本土に移送できるようにすること。香港政府は刑事事件の効率的かつ迅速な解決のためとしているが、デモ参加市民らは、中国政府が不当な政治的判断に基づいて香港の反政府人事や人権活動家を弾圧しようとしていると強く反対している。

市民は先週末の9日、香港の中心部に集まり、政府庁舎と議会まで行進を続けた。参加した人員は主催側推算で103万人で歴代最大規模となる。

中国官営メディアのチャイナ・デイリーはデモについて、「外国勢力」が香港に混乱を起こしていると主張した。同紙は「残念ながら、一部の香港住民が野党と外国勢力に騙され、改正案反対デモを支持している」と語った。

香港の立法会は12日に「逃亡犯条例」改正案を成立させる計画だ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. トランプ大統領の訪韓が確定されたことで、両首脳が南北の非武装地帯(DMZ)を視察する可能性も浮上して…
  2. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領からの親書を受け取ったと、北朝鮮の官営メディ…
  3. ポンペオ氏「北朝鮮と交渉再開する準備できている」 米国は北朝鮮との交渉に臨む準備ができている…
  4. ビットコインが先週末の22日、1年ぶりに再び1万ドルを突破した。コインマーケットキャップによると、ビ…
  5. トランプ米大統領が20日(現地時間)、イラン攻撃を指示したが、突然命令を撤回したことが分かった。米メ…

おすすめ記事

  1. 2019-6-21

    トランプ氏がイラン攻撃を承認?…米メディア「意見の分かれで命令撤回」

    トランプ米大統領が20日(現地時間)、イラン攻撃を指示したが、突然命令を撤回したことが分かった。米メ…
  2. 2019-6-19

    韓国外交部、「日韓企業からの拠出金で徴用工に被害補償」

    韓国外交部は19日、徴用工判決問題と関連し、日本と韓国の企業が参加する基金を造成し、徴用工の被害に補…
  3. 2019-6-15

    [ワールドレポート] メイ首相の涙とイギリスの先行き

    イギリスのテリーザ・メイ首相が今月7日、首相と与党党首から辞任した。2016年6月、国民投票でブレグ…
  4. 2019-6-13

    香港が米中摩擦の新たな火種になるか?

    香港が「犯罪人引き渡し法案」問題で大きく揺れ動いている。法案に反対する香港市民らが大規模デモを行い中…
  5. 2019-6-12

    日朝が平壌で「水面下の調整」…7月平壌で首脳会談か?

    安倍晋三総理の平壌訪問に向け、日本政府の次官級官僚が最近、北朝鮮を訪問した事が分かった。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る