香港が大混乱…「逃亡犯条例」改正案に反対する大規模デモ

香港が大混乱…「逃亡犯条例」改正案に反対する大規模デモ

香港の「逃亡犯条例」改正案をめぐる反対デモが激化している。9日には100万人の市民がデモに参加し同条例に反対したと伝えられている。しかし、香港行政長官は同改正案の成立を進める姿勢で、市民との対立は激しくなる見通しだ。

香港特別行政区のキャリー・ラム行政長官は10日、「逃亡犯条例の改正案を撤回する考えはない」とし、強行推進を明らかにした。また「この改正案は国境を越えた犯罪と国家的な犯罪において、香港が国際的義務を履行することができるように保証する非常に重要な法案だ」と強調した。

改正案の核心内容は、香港で逮捕された容疑者を中国本土に移送できるようにすること。香港政府は刑事事件の効率的かつ迅速な解決のためとしているが、デモ参加市民らは、中国政府が不当な政治的判断に基づいて香港の反政府人事や人権活動家を弾圧しようとしていると強く反対している。

市民は先週末の9日、香港の中心部に集まり、政府庁舎と議会まで行進を続けた。参加した人員は主催側推算で103万人で歴代最大規模となる。

中国官営メディアのチャイナ・デイリーはデモについて、「外国勢力」が香港に混乱を起こしていると主張した。同紙は「残念ながら、一部の香港住民が野党と外国勢力に騙され、改正案反対デモを支持している」と語った。

香港の立法会は12日に「逃亡犯条例」改正案を成立させる計画だ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 先月27日、UPbitから流出した580億ウォン(約53億円)相当の仮想通貨が事件発生後の2週間で1…
  2. 「逃亡犯条例」改定案への反対で始まった「香港デモ」の参加者らが、米時事週刊誌タイムの読者が選んだ「今…
  3. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  4. 株式会社「帝美」は12月10日、東京・目黒に位置する雅叙園で開催された、会員数1000人を超える年商…
  5. ナイキが「ブロックチェーン・スニーカー」の特許を出願した。 10日(現地時間)、ザ・ブロック…

おすすめ記事

  1. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  2. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  3. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  4. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  5. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
ページ上部へ戻る