「FRBの年内利下げはない」=ゴールドマン・サックス

「FRBの年内利下げはない」=ゴールドマン・サックス

米国の中央銀行である連邦準備制度(FRB)が年内に最大4回まで政策金利の利下げを行う可能性が提起されている中、世界的な投資銀行ゴールドマン・サックスは「今年中に利下げの可能性はない」との見通しを出し注目を集めている。

ゴールドマン・サックスのチーフエコノミストのヤン・ハチウス氏は10日(現地時間)、投資報告書を通じて、「FRBのパウエル議長が先週、米景気拡大が持続するように通貨政策措置を取っていくと語り、市場では政策金利の引き下げのシグナルと解釈している。しかし、連邦公開市場委員会(FOMC)は今年の残りの期間に政策金利を現在の水準で維持すると信じている」と明らかにした。

また、パウエル議長の発言について、「金利引き下げが迫っているということを強く示唆したものではなく、FOMCが貿易戦争に伴うリスクを認識していることを再確認してくれたもの」と説明した。

ハチウス氏は、市場では米国の貿易政策に対する懸念が高まっているが、パウエル議長は当時の演説で、これとかけ離れた長期的な問題を重点的に言及した点も強調している。

現在、フェデラルファンド(FF)金利先物市場では、7月の金利引き下げの可能性を約70%、今年中まで3回の引き下げの可能性も約60%と予想している。

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国の巨大IT4社の時価総額が6日(現地時間)、1兆ドルに再進入した。 同日、グーグル親企業のアル…
  2. 「毎瞬間、改革しなければならない」失われた20年という「死の谷間(デスバレー)」を乗り越えた日本企業…
  3. 新型コロナウイリスの感染拡散の憂慮などで主要国の経済活動の回復が遅れる可能性が高まっている。…
  4. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  5. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…

おすすめ記事

  1. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
  2. WHO(世界保健機構)が新型コロナウイルスの感染拡大はまだ進行中であり、来週には全世界の患者数が10…
  3. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  4. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  5. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
ページ上部へ戻る
Translate »