「FRBの年内利下げはない」=ゴールドマン・サックス

「FRBの年内利下げはない」=ゴールドマン・サックス

米国の中央銀行である連邦準備制度(FRB)が年内に最大4回まで政策金利の利下げを行う可能性が提起されている中、世界的な投資銀行ゴールドマン・サックスは「今年中に利下げの可能性はない」との見通しを出し注目を集めている。

ゴールドマン・サックスのチーフエコノミストのヤン・ハチウス氏は10日(現地時間)、投資報告書を通じて、「FRBのパウエル議長が先週、米景気拡大が持続するように通貨政策措置を取っていくと語り、市場では政策金利の引き下げのシグナルと解釈している。しかし、連邦公開市場委員会(FOMC)は今年の残りの期間に政策金利を現在の水準で維持すると信じている」と明らかにした。

また、パウエル議長の発言について、「金利引き下げが迫っているということを強く示唆したものではなく、FOMCが貿易戦争に伴うリスクを認識していることを再確認してくれたもの」と説明した。

ハチウス氏は、市場では米国の貿易政策に対する懸念が高まっているが、パウエル議長は当時の演説で、これとかけ離れた長期的な問題を重点的に言及した点も強調している。

現在、フェデラルファンド(FF)金利先物市場では、7月の金利引き下げの可能性を約70%、今年中まで3回の引き下げの可能性も約60%と予想している。

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 先月27日、UPbitから流出した580億ウォン(約53億円)相当の仮想通貨が事件発生後の2週間で1…
  2. 「逃亡犯条例」改定案への反対で始まった「香港デモ」の参加者らが、米時事週刊誌タイムの読者が選んだ「今…
  3. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  4. 株式会社「帝美」は12月10日、東京・目黒に位置する雅叙園で開催された、会員数1000人を超える年商…
  5. ナイキが「ブロックチェーン・スニーカー」の特許を出願した。 10日(現地時間)、ザ・ブロック…

おすすめ記事

  1. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  2. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  3. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  4. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  5. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
ページ上部へ戻る