「FRBの年内利下げはない」=ゴールドマン・サックス

「FRBの年内利下げはない」=ゴールドマン・サックス

米国の中央銀行である連邦準備制度(FRB)が年内に最大4回まで政策金利の利下げを行う可能性が提起されている中、世界的な投資銀行ゴールドマン・サックスは「今年中に利下げの可能性はない」との見通しを出し注目を集めている。

ゴールドマン・サックスのチーフエコノミストのヤン・ハチウス氏は10日(現地時間)、投資報告書を通じて、「FRBのパウエル議長が先週、米景気拡大が持続するように通貨政策措置を取っていくと語り、市場では政策金利の引き下げのシグナルと解釈している。しかし、連邦公開市場委員会(FOMC)は今年の残りの期間に政策金利を現在の水準で維持すると信じている」と明らかにした。

また、パウエル議長の発言について、「金利引き下げが迫っているということを強く示唆したものではなく、FOMCが貿易戦争に伴うリスクを認識していることを再確認してくれたもの」と説明した。

ハチウス氏は、市場では米国の貿易政策に対する懸念が高まっているが、パウエル議長は当時の演説で、これとかけ離れた長期的な問題を重点的に言及した点も強調している。

現在、フェデラルファンド(FF)金利先物市場では、7月の金利引き下げの可能性を約70%、今年中まで3回の引き下げの可能性も約60%と予想している。

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. トランプ大統領の訪韓が確定されたことで、両首脳が南北の非武装地帯(DMZ)を視察する可能性も浮上して…
  2. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領からの親書を受け取ったと、北朝鮮の官営メディ…
  3. ポンペオ氏「北朝鮮と交渉再開する準備できている」 米国は北朝鮮との交渉に臨む準備ができている…
  4. ビットコインが先週末の22日、1年ぶりに再び1万ドルを突破した。コインマーケットキャップによると、ビ…
  5. トランプ米大統領が20日(現地時間)、イラン攻撃を指示したが、突然命令を撤回したことが分かった。米メ…

おすすめ記事

  1. 2019-6-21

    トランプ氏がイラン攻撃を承認?…米メディア「意見の分かれで命令撤回」

    トランプ米大統領が20日(現地時間)、イラン攻撃を指示したが、突然命令を撤回したことが分かった。米メ…
  2. 2019-6-19

    韓国外交部、「日韓企業からの拠出金で徴用工に被害補償」

    韓国外交部は19日、徴用工判決問題と関連し、日本と韓国の企業が参加する基金を造成し、徴用工の被害に補…
  3. 2019-6-15

    [ワールドレポート] メイ首相の涙とイギリスの先行き

    イギリスのテリーザ・メイ首相が今月7日、首相と与党党首から辞任した。2016年6月、国民投票でブレグ…
  4. 2019-6-13

    香港が米中摩擦の新たな火種になるか?

    香港が「犯罪人引き渡し法案」問題で大きく揺れ動いている。法案に反対する香港市民らが大規模デモを行い中…
  5. 2019-6-12

    日朝が平壌で「水面下の調整」…7月平壌で首脳会談か?

    安倍晋三総理の平壌訪問に向け、日本政府の次官級官僚が最近、北朝鮮を訪問した事が分かった。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る