テスラCEO、「完全な自律走行は来年中に」

テスラCEO、「完全な自律走行は来年中に」

米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は11日、米カリフォルニア州で開かれたテスラ株主総会に参席し、「一度の充電で640kmを走行することができる電気自動車がすぐに登場する」と発表した。

また、「来年中にテスラ車のドライバーは、人の介入が必要ない完全な自律走行機能を使用することになるだろう」と述べ、注目を集めた。

同氏の説明によると、2016年10月以降に生産されたテスラ車はコンピュータの交換だけで完全な自律走行が可能だ。現在、完全な自律走行に必要な技術は確保しており、規制当局の承認の手続きだけが残っている状態だという。

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国で新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が急増している中、米疾病対策センター(CDC)が韓国への…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大により中国国内にある工場の正常稼働が遅れ、経営への影響が憂慮される。新型…
  3. 韓国外交部の康京和長官がドイツで開かれるミュンヘン安全保障会議(MSC)に参席し、現地時間15日午前…
  4. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  5. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…

おすすめ記事

  1. 世界的に7万人に近い感染拡大を招いた新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の震源地について、当初知ら…
  2. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  3. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  4. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  5. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
ページ上部へ戻る
Translate »