FRBが利下げに着手…“7月の金利引き下げ”はほぼ確実?

FRBが利下げに着手…“7月の金利引き下げ”はほぼ確実?

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が政策金利の引き下げに動き出した。連邦公開市場委員会(FOMC)で「金利引き下げの必要性がますます高まっているとの認識を持つようになった」と明らかにした。これまでよく使ってきた「忍耐強く」との言葉は見られなかった。

■「不確実性が高くなっている」
FRBの金融政策決定機関であるFOMCは18~19日(現地時間)の二日間にわたる定例会合を行った。予想通り政策金利を2.25~2.5%に据え置くことを決定した。しかし、今後の見通しについては「不確実性が高くなっている」と、利下げの可能性に言及した。

FOMCは声明で「今後の経済見通しに関する各種情報の意味を綿密に注視し、(経済活動)の拡張が持続できるように適切に対応する」と述べた。特に注目されるのは、これまでの声明文にあった「金融政策の変更にあたっては忍耐強く対応していく」との表現が削除されたことだ。海外メディアは、「忍耐強く」の表現が削除されたことは政策金利引き下げのための準備段階に入ったことに解釈されると報じている。

パウエル議長は同日の記者会見で「多くの出席者が、今は少し拡張的な政策が必要だと見ていた」とし、FOMCの参加者らが利下げの必要性を認識していることを示唆した。

市場ではほぼ確実にFRBが7月に政策金利を引き下げるとみている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ドナルド・トランプ米大統領が1段階の米中貿易合意に署名した。ブルームバーグ通信が12日(現地時間)、…
  2. 11日(現地時間)、ビットコイニストによると、同社のジャック・ドーシーCEOは「脱中央型SNSを開発…
  3. 先月27日、UPbitから流出した580億ウォン(約53億円)相当の仮想通貨が事件発生後の2週間で1…
  4. 「逃亡犯条例」改定案への反対で始まった「香港デモ」の参加者らが、米時事週刊誌タイムの読者が選んだ「今…
  5. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…

おすすめ記事

  1. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  2. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  3. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  4. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
ページ上部へ戻る