ビットコインが再び1万ドル時代に…大きくなる2万ドルへの期待感

ビットコインが再び1万ドル時代に…大きくなる2万ドルへの期待感

■ビットコイン、1万ドル突破
ビットコインが先週末の22日、1年ぶりに再び1万ドルを突破した。コインマーケットキャップによると、ビットコインは24日現時点で10680ドル前後で推移している。

専門家らは、FOMO効果(fear of missing out-見逃してしまうことの恐れ」が市場に強く働いていると分析している。またBakktのビットコイン先物発売への期待感、機関投資家の増加、フェイスブックの仮想通貨「リブラ」など肯定的な要因が複合的に作用した結果、上昇が続いていると説明した。

さらに2万ドルへの期待感も高くなっている。ビットコインは、過去2017年11月に初めて1万ドルを突破した後、わずか18日後に2万ドルまで上昇した前例がある。

■仮想通貨への投資経験者、5人に1人
ロシアのサイバーセキュリティ企業カスペルスキーは23日(現地時間)、全世界22カ国の合計1万3434人を対象にした「仮想通貨活用実態報告書」を発表した。

報告書によると、調査対象者の19%が仮想通貨に投資した経験があることが分かった。残りの81%は投資の経験がなく、仮想通貨の原理と構造を明確に理解している層は10%にとどまった。

仮想通貨投資を敬遠する理由は、一時的な流行り(35%)、不安定さ(31%)、仮想通貨取引所へのハッキング攻撃などのセキュリティ上のリスク(19%)が主な原因として挙げられた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の徐虎(ソ・ホ)統一部次官は16日、慶応大学で開催された「朝鮮半島国際平和フォーラム」に出席し、…
  2. 懸念の声が高まっているフェイスブックの独自の仮想通貨「リブラ」が、米国の安保上の問題にまで浮上してい…
  3. 日本による輸出規制措置に対し、韓国政府がWTO(世界貿易機構)を中心とした「国際世論戦」と「WTO提…
  4. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  5. 通称「カブトムシ」で広く知られている、独フォルクスワーゲン(VW)の小型車「ビートル(Beetle)…

おすすめ記事

  1. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  2. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  3. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  4. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
  5. 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、日本政府の「輸出規制」の撤回を要求した。…
ページ上部へ戻る