ビットコインが再び1万ドル時代に…大きくなる2万ドルへの期待感

ビットコインが再び1万ドル時代に…大きくなる2万ドルへの期待感

■ビットコイン、1万ドル突破
ビットコインが先週末の22日、1年ぶりに再び1万ドルを突破した。コインマーケットキャップによると、ビットコインは24日現時点で10680ドル前後で推移している。

専門家らは、FOMO効果(fear of missing out-見逃してしまうことの恐れ」が市場に強く働いていると分析している。またBakktのビットコイン先物発売への期待感、機関投資家の増加、フェイスブックの仮想通貨「リブラ」など肯定的な要因が複合的に作用した結果、上昇が続いていると説明した。

さらに2万ドルへの期待感も高くなっている。ビットコインは、過去2017年11月に初めて1万ドルを突破した後、わずか18日後に2万ドルまで上昇した前例がある。

■仮想通貨への投資経験者、5人に1人
ロシアのサイバーセキュリティ企業カスペルスキーは23日(現地時間)、全世界22カ国の合計1万3434人を対象にした「仮想通貨活用実態報告書」を発表した。

報告書によると、調査対象者の19%が仮想通貨に投資した経験があることが分かった。残りの81%は投資の経験がなく、仮想通貨の原理と構造を明確に理解している層は10%にとどまった。

仮想通貨投資を敬遠する理由は、一時的な流行り(35%)、不安定さ(31%)、仮想通貨取引所へのハッキング攻撃などのセキュリティ上のリスク(19%)が主な原因として挙げられた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のような仮想通貨の取引収入に対する課税案作…
  2. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  3. 写真はBTSのオフィシャルSNSから BTS(防弾少年団)が披露する新しい複合体験空間「BT…
  4. 米国のトランプ大統領が大陸間弾道ミサイルの実験を再開したとみられる北朝鮮に強力な警告のメッセージを送…
  5. 石油輸出国機構(OPEC)が総会で減産量をより増やすこと議論し、合意にほぼ達したことがわかった。5日…

おすすめ記事

  1. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  2. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  3. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  4. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  5. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
ページ上部へ戻る