イランと軍事的衝突避ける米国、「見えない戦争」を展開

イランと軍事的衝突避ける米国、「見えない戦争」を展開

‐報復攻撃撤回しサイバー攻撃
‐ポンペオ氏は中東で対応策協議

米国がイランと軍事的衝突などの物理的な対立ではなく、表に現れない、いわゆる「見えない戦争」を繰り広げている。見えない戦争とは、自国の介入を表面化させずに特定国家の施設または人物などを攻撃する事をいう。

ニューヨーク・タイムズは23日、複数の前・現職政府関係者の言葉として、米国政府が武力衝突ではなく、表面化せずにイランを攻撃する秘密戦略を進めていると報じた。海外メディアによると、米国はイランに対する報復攻撃を撤回した今月20日、イランの情報団体を狙ったサイバー攻撃を行なった。

フィナンシャル・タイムズも米国政府の対イラン戦略の変化について「現代の戦争が変化している事を見せつける明白な例」だと、「両国のサイバー攻撃は、イランと米国の対立が過去に米国が主導した様な中東での軍事介入には至らないとの可能性を高めている」と分析した。

しかし米国によるイランへのサイバー攻撃は成功しなかったと伝えられている。イランのモハンマドジャバド・アザリジャフロミ情報通信技術大臣はツイッターを通じ「彼らは熱心に努力したが、攻撃を成功させる事は出来なかった」と明かした。

米国は現在のところ、軍事力を用いてイランの政権を転覆させられる可能性は低いと見て、迂回的な戦略でイランを圧迫しているとみられる。「戦争の新しいルール」の著書であるショーン・マクフェイト米国防大学教授は「米国がイランの戦術と同じ方法でアプローチする考えならば、米国が取る事の出来る類型は広範囲に渡る」と話している。

しかし米国政府の関係者らは、米国政府が検討中の「見えない戦争」について具体的な内容は明らかにしていない。ニューヨーク・タイムズは米国政府の対イラン秘密作戦に更なるサイバー攻撃や、イランが船舶攻撃に用いる船舶を無力化させる作戦などが含まれていると伝えた。ただし米国政府内でも対イラン追加措置が必要だとの点には同意しているものの、目に見える対立を起こさないために取る戦略が、むしろ武力による戦争を引き起こす危険性もあり、これについての意見が錯綜しているとも伝えている。

一方、マイク・ポンペオ米国務長官はこの日、中東地域の同盟国と面会してイラン問題への対応策を協議するためサウジアラビアとUAE(アラブ首長国連邦)に向かった。ポンペオ長官は出発前に記者らに「イランに対しどのような戦略で協力するか、世界最大のテロ支援国家に対する国際的な連合を構築する事について議論する予定」だと述べた。

翻訳︰水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の徐虎(ソ・ホ)統一部次官は16日、慶応大学で開催された「朝鮮半島国際平和フォーラム」に出席し、…
  2. 懸念の声が高まっているフェイスブックの独自の仮想通貨「リブラ」が、米国の安保上の問題にまで浮上してい…
  3. 日本による輸出規制措置に対し、韓国政府がWTO(世界貿易機構)を中心とした「国際世論戦」と「WTO提…
  4. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  5. 通称「カブトムシ」で広く知られている、独フォルクスワーゲン(VW)の小型車「ビートル(Beetle)…

おすすめ記事

  1. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  2. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  3. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  4. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
  5. 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、日本政府の「輸出規制」の撤回を要求した。…
ページ上部へ戻る