ロボット、2030年に2000万の雇用を奪う

ロボット、2030年に2000万の雇用を奪う

2030年までに世界製造業の雇用2000万件がロボットに奪われると、英国民間調査・コンサルタント会社オックスフォード・エコノミックスが25日(現地時間)に発表した。

オックスフォード・エコノミックスは報告書を通じて、「ロボットによる自動化が経済を活性化させてくれるが、2030年までに世界製造業の規模を8.5%縮小する可能性がある」とし「この場合、先進国の低所得層が最も打撃を受けるだろう」と予想した。報告書によると、世界製造業の全体雇用のうち約1割がロボットに代替されることになる。

また過去20年間、ロボットに仕事を奪われた米国の工場労働者の半分以上が輸送や建設、整備、事務職、行政職に吸収されたと説明しつつ、「この分野も今後10年間、ロボットや自動化によって、最も脆弱な分野になる可能性が高い」と警告した。

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. アイスランドで「700歳氷河」の追悼式…理由は「地球温暖化」 気候変動により溶け出したアイス…
  2. 北朝鮮が食肉供給のためにウサギ飼育に心血を注いでいる。金正恩北朝鮮国務委員長もウサギの肉をさらに多く…
  3. 米財務省、50年債の発行検討 米国政府が急速に増える債務に対応するため、50〜100年にも及…
  4. 中国、米国産大豆と豚肉を大量購入へ 米中貿易紛争の実務交渉が開かれる予定の中で、中国の米国産…
  5. トランプ大統領「今年中に金正恩氏と再び会うだろう」…非核化交渉再開の意思 米国のドナルド・ト…

おすすめ記事

  1. LINE、日本で仮想通貨取引所オープン…クリプト金融市場開拓へ -BTC・ETH・XRP・B…
  2. [ワールドリポート] 炎に包まれる地球 北極やシベリア、インドネシア、ついにはアマゾンまで。…
  3. 写真は香港の行政トップ林鄭月娥行政長官/香港政府公式ホームページから 「逃亡犯条例」撤回引き…
  4. 韓国の文在寅大統領は30日、「金正恩北朝鮮国務委員長の韓−ASEAN特別首脳会議への参加可能性」につ…
  5. 北朝鮮メディアは最近、新型ミサイル発射実験を視察する金正恩国務委員長の姿を公開し注目を集めた。特に金…
ページ上部へ戻る