アップルやスターバックスに続きフェイスブックも…金融サービス競争の激化

アップルやスターバックスに続きフェイスブックも…金融サービス競争の激化

フェイスブックの仮想通貨プロジェクト「Libra(リブラ)」の実体は、世界27億人の使用者を繋ぐ金融サービスであることが分かった。

昨年、世界最大手のコーヒーチェーンであるスターバックスが、ニューヨーク証券取引所を保有するICEのBakkt (機関対象デジタル資産プラットフォーム) との提携を発表。今年初めには、アップルがゴールドマンサックスと共同開発したiPhone向けクレジットカードを発表した。

世界の企業たちは相次いで「De-Fi (分散型金融)」と呼ばれるブロックチェーン技術を活用した金融市場に参入。De-Fiは今や世界中の企業にとって、次世代の資金軍だ。

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)やモバイルメッセンジャーなどで世界中の人々を繋いできたフェイスブックも、独自の仮想通貨プロジェクト「リブラ」を携え、国境を越えた金融サービスを開始する。

リブラは来年上半期にもステーブルコインとして発売される見通しで、スマートフォンでメッセージや写真をやり取りするように、送金・決済ができる新時代を目指しているという。また、この過程で世界各国のブロックチェーン・仮想通貨プロジェクトとの提携することも予告した。すでに北米最大手の仮想通貨取引所であるコインベースなどがリブラのパートナー企業として名乗りを上げており、世界の開発者たちに向け、テストネット安定化プロセスへの参加を呼びかけている。

アップル✕ゴールドマンサックス、MS✕スターバックス✕ICEなどもそれぞれタッグを組み、De-Fi市場への進出を宣言している。これにより、米国をはじめ金融業界の革新が加速すると見られている。

韓国ソウルと米サンフランシスコに拠点を置く、ブロックチェーン専門の投資会社Hashedのキム・ソジュン代表は「ブロックチェーンとウェブ3.0は、その驚異的なスピードをもって、あらゆる産業の本質を根本的に変えていく。その最初のターゲットとなるのが金融だ。プログラマブルに生成された金融ネットワークの信頼度と効率性の高さで、銀行やカード会社など金融機関のみに与えられていた特権を少しずつ脅かしていくだろう」と語った。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  2. 韓国の100人あたりのワクチン接種件数は米国に比べ20分の1水準に留まっており、韓国経済にとってそ…
  3. ドイツ、フランス、イタリア、スペインの4ヶ国が英製薬大手アストラゼネカ社の新型コロナウイルス感染症…
  4. −訪日を前にブリンケン国務長官が日米韓協力強調−日韓関係回復への圧力との見方−日韓歴訪で対北政策の…
  5. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…

おすすめ記事

  1. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
  2. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…
  3. 東京渋谷に位置する有名デパートであるマルイで「KOREA PARK」イベントが2月23日~3月28…
  4. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
  5. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
ページ上部へ戻る
Translate »