アップルやスターバックスに続きフェイスブックも…金融サービス競争の激化

アップルやスターバックスに続きフェイスブックも…金融サービス競争の激化

フェイスブックの仮想通貨プロジェクト「Libra(リブラ)」の実体は、世界27億人の使用者を繋ぐ金融サービスであることが分かった。

昨年、世界最大手のコーヒーチェーンであるスターバックスが、ニューヨーク証券取引所を保有するICEのBakkt (機関対象デジタル資産プラットフォーム) との提携を発表。今年初めには、アップルがゴールドマンサックスと共同開発したiPhone向けクレジットカードを発表した。

世界の企業たちは相次いで「De-Fi (分散型金融)」と呼ばれるブロックチェーン技術を活用した金融市場に参入。De-Fiは今や世界中の企業にとって、次世代の資金軍だ。

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)やモバイルメッセンジャーなどで世界中の人々を繋いできたフェイスブックも、独自の仮想通貨プロジェクト「リブラ」を携え、国境を越えた金融サービスを開始する。

リブラは来年上半期にもステーブルコインとして発売される見通しで、スマートフォンでメッセージや写真をやり取りするように、送金・決済ができる新時代を目指しているという。また、この過程で世界各国のブロックチェーン・仮想通貨プロジェクトとの提携することも予告した。すでに北米最大手の仮想通貨取引所であるコインベースなどがリブラのパートナー企業として名乗りを上げており、世界の開発者たちに向け、テストネット安定化プロセスへの参加を呼びかけている。

アップル✕ゴールドマンサックス、MS✕スターバックス✕ICEなどもそれぞれタッグを組み、De-Fi市場への進出を宣言している。これにより、米国をはじめ金融業界の革新が加速すると見られている。

韓国ソウルと米サンフランシスコに拠点を置く、ブロックチェーン専門の投資会社Hashedのキム・ソジュン代表は「ブロックチェーンとウェブ3.0は、その驚異的なスピードをもって、あらゆる産業の本質を根本的に変えていく。その最初のターゲットとなるのが金融だ。プログラマブルに生成された金融ネットワークの信頼度と効率性の高さで、銀行やカード会社など金融機関のみに与えられていた特権を少しずつ脅かしていくだろう」と語った。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  2. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  3. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  4. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…
  5. 米国ホワイトハウスでの新型コロナウイルス感染拡大が止まらない。日々新たな感染者が発生し、現在までホ…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »