香港、「逃亡犯条例」改正案めぐり不安定続く

香港、「逃亡犯条例」改正案めぐり不安定続く

「逃亡犯条例」改正案をめぐる香港の混乱がさらに激化しいる模様だ。

同法案の撤回を求めている香港のデモ隊は今月初、香港史上初となる立法会(議会)庁舎占拠を断行し、民心の離反を招いたが、先週末の大規模な集会をきっかけに再び勢いを増している様子だ。

改正案の反対派は7日、九龍半島・尖沙咀(チムさーチョイ)で平和的なデモ行進を行った。主催側の発表では23万人、警察の発表では5万6000人がデモ行進に参加したという。

今回の週末デモは、今月1日夜から2日未明まで行われた立法会庁舎の占拠で香港政局に大きな悪影響を与えてから、初めて開かれた大規模なデモ。週末デモを起点に穏健派の香港市民の多数が立法会庁舎を占拠した青年たちへの支持を表明しており、「逃亡犯条例」改正案の反対派側の勢いが更に増すことになるとみられる。

一方、中国の中央政府はデモ隊の庁舎占拠事件以降、香港の政局に積極的に介入する意志を示唆しているため、事態の長期化が予想される。背景にはデモの規模減少と過激派に対する失望感がある。

週末デモの規模は先月に比べて大幅に減った。先月には最大200万人が参加したと報じられている。また7日の夜に行われたデモでは、一部のデモ隊が道路を占拠して香港警察と激しく衝突したため、強硬法治主義を掲げる香港政府との対立は避けられないとみられる。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »