米国防総省、米朝首脳の板門店対面について「会談ではない」

트럼프 김정은

米国防総省、米朝首脳の板門店対面について「会談ではない」

‐「核凍結は最終目標ではなくスタート段階」
‐非核化目標「大量破壊兵器の完全除去」強調

米国防総省はトランプ大統領と北朝鮮の金正恩国務委員長が板門店で会ったことについて、「会談や交渉ではなく、良い対面だった」とする公式な見解を明らかにした。両国首脳の突然の面会以降、これを米朝の首脳会談と見るのか、単なる面会と見るのかについて論争が沸き起こっていた。

モーガン・ オータガス米国防総省報道官は9日、「核凍結を最終目標と規定した事はない。それはプロセスのスタート段階に過ぎない」と、非核化交渉の目標が北朝鮮にある大量破壊兵器の完全な除去にあるという点を強調した。

先月30日に開かれたトランプ大統領と金正恩委員長の板門店面会については「対面」との認識を示した。

オータガス報道官は「首脳会談でも交渉でもなかった。単に良い対面だったが、全世界の多くの人々には特別で歴史的な日だった」と、「非核化に対する米国の立場をはじめとする数多くの事案を議論した」と伝えた。

また今月中に開かれるとされる米朝実務交渉について、「まだ発表する事案は無い」としながらも、「継続して北朝鮮交渉団と連絡を取りつつ議論している」と述べた。

一方、米国防総省はこの日、報道資料を通じてデービッド・スティルウェル国防総省東アジア太平洋担当次官補が今月10日から21日まで就任後初めてアジア地域を歴訪すると発表した。スティルウェル次官補は日本とフィリピンを訪問した後、17日に韓国を訪れる予定だ。

翻訳︰水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国と中国が、10月初めに予定されている高官級貿易交渉を準備するための実務交渉を19日(現地時間)か…
  2. 国際原油価格が、14日に発生したサウジアラビア石油施設攻撃の余波により、湾岸戦争以来約30年振りの暴…
  3. 致死率100%に達する「アフリカ豚コレラ」(ASF)が韓国で発生した。韓国政府の発表によると、17日…
  4. 北朝鮮、「サイバー攻撃で資金調達」国連報告書を否定 北朝鮮は最近、米国など敵対勢力がサイバー…
  5. アイスランドで「700歳氷河」の追悼式…理由は「地球温暖化」 気候変動により溶け出したアイス…

おすすめ記事

  1. 北朝鮮が食肉供給のためにウサギ飼育に心血を注いでいる。金正恩北朝鮮国務委員長もウサギの肉をさらに多く…
  2. LINE、日本で仮想通貨取引所オープン…クリプト金融市場開拓へ -BTC・ETH・XRP・B…
  3. [ワールドリポート] 炎に包まれる地球 北極やシベリア、インドネシア、ついにはアマゾンまで。…
  4. 写真は香港の行政トップ林鄭月娥行政長官/香港政府公式ホームページから 「逃亡犯条例」撤回引き…
  5. 韓国の文在寅大統領は30日、「金正恩北朝鮮国務委員長の韓−ASEAN特別首脳会議への参加可能性」につ…
ページ上部へ戻る