「KCON 2019 NY」に米マンハッタンが熱狂

「KCON 2019 NY」に米マンハッタンが熱狂

ポップカルチャーのメッカ、ニューヨーク・マンハッタンのマディソンスクエアガーデンでK-POPが鳴り響いだ。5万5000人余りの観客が「KCON 2019」に参加しKカルチャーを満喫した。

CJENMは今月6〜7日の二日間、米国ニューヨーク・マンハッタンにあるマディソン・スクエア・ガーデンとジェイコブK・ ジャビッツ・コンベンション・センターで、世界最大規模のKカルチャー・コンベンション「KCON2019ニューヨーク」を盛況のうちに開催した。

今年の「KCON2019」は開催5年目を迎え、初めて世界的なランドマークであるマンハッタンに開催地を移りKライフスタイルを披露した。

一日の流動人口が150万人に迫るニューヨーク・タイムズスクエアの電光掲示板やナスダックビルのスクリーン、マンハッタンの通りでは韓流イベントを広報するKCONの映像が上映された。NBC、ABC、CBS、FOX5、PIX11、NEW YORK1など、現地のメディアも特集を連続的に報道するなどKCON開催に高い関心と期待感を示した。

KCONコンベンションが開催された「ジェイコブK・ ジャビッツ・コンベンション・センター」にはイベント前から米国の若い韓流ファンが集まり賑わいを見せた。今回のKCON2019 ニューヨークにはミレニアル世代を攻略するため、グローバル企業や韓国内企業72社が参加。K-フード、Kビューティー、Kファッションなど韓国のライフスタイルをテーマに行われたオープンスタジオ「KCON STUDIO」とコスメ、シートマスク、スキンケアなど、韓国を代表する様々なKビューティー製品が観客の注目を集めた。また新人アーティストのショーケースからファンの記念になる様々なフォトゾーンが設置され、コンベンション場である「K-POP WORLD」は熱気に包まれた。

両日の夜には「マディソン・スクエア・ガーデン」でNU`EST、THE BOYZ、VERIVERY、SEVENTEEN、IZ*ONE、(G)I-DEL、SF9、AB6IX、ATEEZ、TXT、fromis_9などK-POPアーティスト11チームが華やかなステージを披露した。

ビルボードのコラムニストで、K-POP専門家として活躍しているジェフ・ベンジャミン氏は「韓流の拡散に大きく寄与したのは、K-POPがまだ未成熟だった頃から、過去7年間、様々なコンベンション・プログラムやすばらしいアーティスト、ゲストと一緒に努力してきたKCONのおかげ」と語った。

KCONを総括しているCJENMシン・ヒョングァン音楽コンテンツ本部長は「KCONが世界の多くの地域で韓流の代表イベントとして定着することができた秘訣は、米国などのメインストリーム市場の扉を継続的にノックするなど挑戦を続けてきたことと、変わっていく韓流の消費層の特性に合わせイベントを企画し発展させてきたことだ」とし、「これからも引き続き韓流の拡散のために投資し、グローバル市場への進出が容易ではない有能な国内アーティスト、企業と一緒に新たなKカルチャートレンドを提示していきたい」と語った。

一方、KCON 側は8月15日から18日まで米国ロサンゼルスにあるステイプルズ・センターおよびLAコンベンション・センターで「KCON2019ロサンゼルス」を開催し、米国の熱い韓流ブームをさらに盛り上げていく予定だ。

翻訳:尹怡景

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. アイスランドで「700歳氷河」の追悼式…理由は「地球温暖化」 気候変動により溶け出したアイス…
  2. 北朝鮮が食肉供給のためにウサギ飼育に心血を注いでいる。金正恩北朝鮮国務委員長もウサギの肉をさらに多く…
  3. 米財務省、50年債の発行検討 米国政府が急速に増える債務に対応するため、50〜100年にも及…
  4. 中国、米国産大豆と豚肉を大量購入へ 米中貿易紛争の実務交渉が開かれる予定の中で、中国の米国産…
  5. トランプ大統領「今年中に金正恩氏と再び会うだろう」…非核化交渉再開の意思 米国のドナルド・ト…

おすすめ記事

  1. LINE、日本で仮想通貨取引所オープン…クリプト金融市場開拓へ -BTC・ETH・XRP・B…
  2. [ワールドリポート] 炎に包まれる地球 北極やシベリア、インドネシア、ついにはアマゾンまで。…
  3. 写真は香港の行政トップ林鄭月娥行政長官/香港政府公式ホームページから 「逃亡犯条例」撤回引き…
  4. 韓国の文在寅大統領は30日、「金正恩北朝鮮国務委員長の韓−ASEAN特別首脳会議への参加可能性」につ…
  5. 北朝鮮メディアは最近、新型ミサイル発射実験を視察する金正恩国務委員長の姿を公開し注目を集めた。特に金…
ページ上部へ戻る