VWの名車「ビートル」が生産終了

VWの名車「ビートル」が生産終了

通称「カブトムシ」で広く知られている、独フォルクスワーゲン(VW)の小型車「ビートル(Beetle)」の生産が終了した。

9日(現地時間)CNNによると、フォルクスワーゲンのメキシコ・プエブラ工場は10日を最後にビートルの組立ラインの稼動を中断すると発表した。

ビートルは、1930年代、ナチスのアドルフ・ヒトラー総統がアウトバーン建設とともに、大衆車の生産を指示して生産された。1935年のプロトタイプが完成し、第二次世界大戦後の1938年から本格的に生産が開始された。その後、ビートルは、世界の自動車市場で主要なモデルとして浮上し、ドイツの経済復興をけん引した。

特に米国で旋風的な人気を集め、1968年には米国市場だけで56万3千500台が売れた。また、ディズニーのTVシリーズ「Herbie The Love Bug」のモデルになり、マーケティング効果を得た。ビートルは1978年までに生産されたが、米国と欧州の排出ガス基準に適合していなかったため、しばらく生産が中止になった。それから20年後の1998年に内部を改装し2代目となる「ニュービートル」が発売され、2012年には3代目モデルが発売された。

発売以来、今まで2100万台以上生産されたビートルは、単一車種としては世界最多の生産モデルになったが、2000年代以降には販売の低迷で苦戦していた。また、近年フォルクスワーゲンの排ガス不正問題発覚で決定的な打撃を受けた。

フォルクスワーゲン北米部門のトップ、スコット・キオ氏は声明で「ビートルがなかったら、今のフォルクスワーゲンもない」とし、「ビートルの全盛期以降、市場の流れは急激に変化した。近年の消費者は小型車よりSUVや大型車により多くの関心を見せている」と述べた。

フォルクスワーゲンは、最後に生産されたビートルをフォルクスワーゲン・プエブラ自動車博物館で展示する予定。今後、フォルクスワーゲンはビートルを組み立てていたラインを北米市場向けの新型コンパクトSUVの組立ラインに転換する予定だ。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. フェイクニュースが仮想通貨市場を揺さぶっている。世界最高のオフライン流通企業ウォルマートと時価総額…
  2. (写真:SUNOCSの太川玉緒代表(左)で大韓障礙人体育会のイ・ヒョンオク訓練本部本部) 日韓両国…
  3. (写真は、SUNOCSの太川玉緒会長(左)と大韓障礙人体育会の朴容奭(パク・ヨンソク)現地支援団長…
  4. -企業評価額は約122億円に到達、国内の事業多角化と組織基盤の強化へ 株式会社HYPERITHM(…
  5. 1回目のワクチン接種(5/9)では当日就寝後に注射を受けた部位付近に張りを感じ、以後2日間は腕を伸…
ページ上部へ戻る
Translate »