VWの名車「ビートル」が生産終了

VWの名車「ビートル」が生産終了

通称「カブトムシ」で広く知られている、独フォルクスワーゲン(VW)の小型車「ビートル(Beetle)」の生産が終了した。

9日(現地時間)CNNによると、フォルクスワーゲンのメキシコ・プエブラ工場は10日を最後にビートルの組立ラインの稼動を中断すると発表した。

ビートルは、1930年代、ナチスのアドルフ・ヒトラー総統がアウトバーン建設とともに、大衆車の生産を指示して生産された。1935年のプロトタイプが完成し、第二次世界大戦後の1938年から本格的に生産が開始された。その後、ビートルは、世界の自動車市場で主要なモデルとして浮上し、ドイツの経済復興をけん引した。

特に米国で旋風的な人気を集め、1968年には米国市場だけで56万3千500台が売れた。また、ディズニーのTVシリーズ「Herbie The Love Bug」のモデルになり、マーケティング効果を得た。ビートルは1978年までに生産されたが、米国と欧州の排出ガス基準に適合していなかったため、しばらく生産が中止になった。それから20年後の1998年に内部を改装し2代目となる「ニュービートル」が発売され、2012年には3代目モデルが発売された。

発売以来、今まで2100万台以上生産されたビートルは、単一車種としては世界最多の生産モデルになったが、2000年代以降には販売の低迷で苦戦していた。また、近年フォルクスワーゲンの排ガス不正問題発覚で決定的な打撃を受けた。

フォルクスワーゲン北米部門のトップ、スコット・キオ氏は声明で「ビートルがなかったら、今のフォルクスワーゲンもない」とし、「ビートルの全盛期以降、市場の流れは急激に変化した。近年の消費者は小型車よりSUVや大型車により多くの関心を見せている」と述べた。

フォルクスワーゲンは、最後に生産されたビートルをフォルクスワーゲン・プエブラ自動車博物館で展示する予定。今後、フォルクスワーゲンはビートルを組み立てていたラインを北米市場向けの新型コンパクトSUVの組立ラインに転換する予定だ。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  2. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  3. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  4. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…
  5. ‐2018年1月以来の1万5000ドル超え‐コロナ禍に米大統領選の不確実性加わり‐大統領選不服によ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »