リップルCEO、米議会に公開書簡…「仮想通貨促進法に努めてほしい」

リップルCEO、米議会に公開書簡…「仮想通貨促進法に努めてほしい」

■リップルCEOが米議会に送った公開書簡の内容は?
リップル社のブラッド・ガーリングハウスCEOは29日(現地時間)、米議会と規制当局に仮想通貨産業の促進を要請する公開書簡を発送した。

ガーリングハウスCEOは書簡で「仮想通貨産業について、規制当局のより多くの関心と理解が必要だ」とし「米企業が社会的責任を果たすことができるよう、議会と規制当局が適切な制度と規制環境を作ってほしい」と要請した。海外メディアは同氏のこのような書簡について、31日に予定されている米議会の仮想通貨関連特別公聴会を意識したものと文政している。

■フィリピン銀行、ペソ建てのステーブルコイン披露
フィリピン最大の銀行で知られているユニオンバンクが同国の法廷貨幣であるペソ建てのステーブルコイン「PHX」を披露した。

ユニオンバンクのベラ副社長は29日(現地時間)、「PHXは安定した価値保存媒体。透明かつ簡単な支払い手段が特徴で、すでに都市と農漁村地域間の試験運用を終えた」と紹介した。

PHXはユニオンバンクのi2iブロックチェーンプラットフォームを介して運営される予定で、銀行サービス利用が困難なフィリピンの農漁村庶民を対象に金融サービスを提供する計画だ。

■イラン、仮想通貨採掘事業を承認
イラン政府は29日、閣議を介して仮想通貨採掘事業を正式に承認した。これによって、事業許可を取得すると正式にイランで仮想通貨採掘事業を行うことができる。

イランは1kWh当たり3セント以下の安価な電気料金のため、中国とともに仮想通貨採掘の最適国と知られている。イラン政府はマイニング業者には電気料金を1kWh当たり7セントの水準に引き上げる計画だ。

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「毎瞬間、改革しなければならない」失われた20年という「死の谷間(デスバレー)」を乗り越えた日本企業…
  2. 新型コロナウイリスの感染拡散の憂慮などで主要国の経済活動の回復が遅れる可能性が高まっている。…
  3. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  4. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…
  5. ジョン・ボルトン元・米国国家安全保障問題担当大統領補佐官の回顧録の内容が更に公開され、トランプ政権の…

おすすめ記事

  1. WHO(世界保健機構)が新型コロナウイルスの感染拡大はまだ進行中であり、来週には全世界の患者数が10…
  2. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  3. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  4. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  5. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
ページ上部へ戻る
Translate »