リップルCEO、米議会に公開書簡…「仮想通貨促進法に努めてほしい」

リップルCEO、米議会に公開書簡…「仮想通貨促進法に努めてほしい」

■リップルCEOが米議会に送った公開書簡の内容は?
リップル社のブラッド・ガーリングハウスCEOは29日(現地時間)、米議会と規制当局に仮想通貨産業の促進を要請する公開書簡を発送した。

ガーリングハウスCEOは書簡で「仮想通貨産業について、規制当局のより多くの関心と理解が必要だ」とし「米企業が社会的責任を果たすことができるよう、議会と規制当局が適切な制度と規制環境を作ってほしい」と要請した。海外メディアは同氏のこのような書簡について、31日に予定されている米議会の仮想通貨関連特別公聴会を意識したものと文政している。

■フィリピン銀行、ペソ建てのステーブルコイン披露
フィリピン最大の銀行で知られているユニオンバンクが同国の法廷貨幣であるペソ建てのステーブルコイン「PHX」を披露した。

ユニオンバンクのベラ副社長は29日(現地時間)、「PHXは安定した価値保存媒体。透明かつ簡単な支払い手段が特徴で、すでに都市と農漁村地域間の試験運用を終えた」と紹介した。

PHXはユニオンバンクのi2iブロックチェーンプラットフォームを介して運営される予定で、銀行サービス利用が困難なフィリピンの農漁村庶民を対象に金融サービスを提供する計画だ。

■イラン、仮想通貨採掘事業を承認
イラン政府は29日、閣議を介して仮想通貨採掘事業を正式に承認した。これによって、事業許可を取得すると正式にイランで仮想通貨採掘事業を行うことができる。

イランは1kWh当たり3セント以下の安価な電気料金のため、中国とともに仮想通貨採掘の最適国と知られている。イラン政府はマイニング業者には電気料金を1kWh当たり7セントの水準に引き上げる計画だ。

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ドナルド・トランプ米大統領が1段階の米中貿易合意に署名した。ブルームバーグ通信が12日(現地時間)、…
  2. 11日(現地時間)、ビットコイニストによると、同社のジャック・ドーシーCEOは「脱中央型SNSを開発…
  3. 先月27日、UPbitから流出した580億ウォン(約53億円)相当の仮想通貨が事件発生後の2週間で1…
  4. 「逃亡犯条例」改定案への反対で始まった「香港デモ」の参加者らが、米時事週刊誌タイムの読者が選んだ「今…
  5. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…

おすすめ記事

  1. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  2. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  3. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  4. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
ページ上部へ戻る