フェイスブック、来年予定のリブラ発行について「予定通りにはいけないかも」

フェイスブック、来年予定のリブラ発行について「予定通りにはいけないかも」

フェイスブック(Facebook)が最近の報告書を通じて投資家らに「多数の外部要因によって、2020年に予定されていた仮想通貨“リブラ(Libra)”の発行が厳しくなった」と警告したことがわかった。フェイスブックがリブラ発売計画に困難を喫していることを認めたのは今回が初めて。米メディアCNBCが29日(現地時間)、報じた。

フェイスブックが言及した外部要因は、各国政府の規制と新しい貨幣への不安感。実際に同社が米国証券取引委員会(SEC)に提出した資料では、「リブラは多くの国の政府、監督機関から厳しい調査を受けている」とし「今後もこのような傾向が続く見通し」と伝えた。

また、報告書では「市場はリブラのような新しい貨幣を受け入れることに、かなり大きな不安感を感じている。この影響でリブラや関連サービスが予定通りにはいかない可能性が高く、(計画自体が)白紙にもどる可能性もある」と付け加えた。

一方、フェイスブックでリブラ開発と電子財布プロジェクト「カリブラ(Calibra)」を統括するデビッド・マーカス(David Marcus)氏はリブラについて「伝統的金融手段でお金を送金する余力がない貧しい人々のための“効率的かつ安価で、さらに安全な決済手段”になるだろう」と述べている。しかし、伝統的な金融手段を取り替えようとするこのような動きは、各国政府をはじめとする監督機関の怒りを買い、反発に直面している。

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米中の第一段階の貿易交渉が合意に到達した中、実際の履行過程における難関が少なからず予想される。…
  2. 日韓貿易当局が16日、東京で日本政府の輸出規制をめぐり、局長級政策対話を開いた。5か月前の課長級対話…
  3. 米国のビーガン北朝鮮担当特別代表が16日、韓国外交部のイ・ドフン韓半島平和交渉本部長と会談した。同席…
  4. 世界最大の証券会社であるバンク・オブ・アメリカ・メリルリンチが、過去10年間で最高の収益率を見せた資…
  5. ドナルド・トランプ米大統領が1段階の米中貿易合意に署名した。ブルームバーグ通信が12日(現地時間)、…

おすすめ記事

  1. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  2. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  3. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  4. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
ページ上部へ戻る