フェイスブック、来年予定のリブラ発行について「予定通りにはいけないかも」

フェイスブック、来年予定のリブラ発行について「予定通りにはいけないかも」

フェイスブック(Facebook)が最近の報告書を通じて投資家らに「多数の外部要因によって、2020年に予定されていた仮想通貨“リブラ(Libra)”の発行が厳しくなった」と警告したことがわかった。フェイスブックがリブラ発売計画に困難を喫していることを認めたのは今回が初めて。米メディアCNBCが29日(現地時間)、報じた。

フェイスブックが言及した外部要因は、各国政府の規制と新しい貨幣への不安感。実際に同社が米国証券取引委員会(SEC)に提出した資料では、「リブラは多くの国の政府、監督機関から厳しい調査を受けている」とし「今後もこのような傾向が続く見通し」と伝えた。

また、報告書では「市場はリブラのような新しい貨幣を受け入れることに、かなり大きな不安感を感じている。この影響でリブラや関連サービスが予定通りにはいかない可能性が高く、(計画自体が)白紙にもどる可能性もある」と付け加えた。

一方、フェイスブックでリブラ開発と電子財布プロジェクト「カリブラ(Calibra)」を統括するデビッド・マーカス(David Marcus)氏はリブラについて「伝統的金融手段でお金を送金する余力がない貧しい人々のための“効率的かつ安価で、さらに安全な決済手段”になるだろう」と述べている。しかし、伝統的な金融手段を取り替えようとするこのような動きは、各国政府をはじめとする監督機関の怒りを買い、反発に直面している。

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »