ソン・ガンホ主演『パラサイト』、観客動員数1千万人を突破

ソン・ガンホ主演『パラサイト』、観客動員数1千万人を突破

「韓国映画に対する自負と愛情の結果」

ポン・ジュノ監督の映画『パラサイト』(原題:寄生虫)が、新たな歴史を作った。

第72回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルム・ドール賞を受賞した映画『パラサイト』が、今月21日に韓国で観客動員数1千万人を達成した。公開からわずか53日で1000万と249人が劇場で同映画を観覧したという。

韓国映画では史上19本目、7本の海外映画を含めると26本目の1千万動員映画。ポン監督作品としては、「『グエムル-漢江の怪物-』に続き2作目となる。

『パラサイト』は興行収入も群を抜いている。韓国では21日までに約852億ウォン(約80億円)売上を記録しているが、これは製作費の6倍以上に相当する。

ポン監督は「公開後、予想をはるかに上回る反響にとても驚いた。足を運んで下さった方々に心からお礼を伝えたい」と語った。

主演のソン・ガンホも「国民の韓国映画に対する自負と深い愛情の結果だと思う。誠に光栄だ」と感謝の意を表した。

映画評論家のチョン・チャンイル氏は「国際映画祭での受賞、批評的議論、興行収入の3つ全てを成し遂げた作品。決して万人受けとは言えない内容の映画が1千万人を超えた前例は過去にない。韓国だけでなく、世界でも稀有な成功例」と評価した。

配給会社のCJ ENMにとっては、『海雲台』、『光海、王になった男』、『バトル・オーシャン/海上決戦』、『国際市場で逢いましょう』、『ベテラン』、そして今年に公開された『極限職業』に続き7作目となる1千万人動員作品となる。

『パラサイト』の海外セールスも担当しているCJ ENMは、「本作は2020年までに世界各国で上映され、韓国映画の地位を飛躍的に向上させてくれるだろう」としている。

CJ ENMによると、『パラサイト』はこれまで202カ国で公開され、フランスやベトナムなどでは韓国映画の歴代興行収入1位を達成した。

また7月にはミャンマーとタイ、8月にはフィリピンとイスラエル、9月にはチェコ、スロバキア、ポーランド、ポルトガル。10月には北米、ドイツ、スペイン、ギリシャ、11月にはトルコ、ルーマニア、オランダ、12月にはスウェーデン、イタリア、ハンガリー。そして来年上半期にはイギリスと南米でも公開される予定だ。

翻訳者:M.I

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 米国の製薬企業ファイザーが年末までに口から飲む錠剤形の新型コロナ治療薬を開発すると明かした。同社は…
  2. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  3. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
  4. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…
  5. 東京渋谷に位置する有名デパートであるマルイで「KOREA PARK」イベントが2月23日~3月28…
ページ上部へ戻る
Translate »