ソン・ガンホ主演『パラサイト』、観客動員数1千万人を突破

ソン・ガンホ主演『パラサイト』、観客動員数1千万人を突破

「韓国映画に対する自負と愛情の結果」

ポン・ジュノ監督の映画『パラサイト』(原題:寄生虫)が、新たな歴史を作った。

第72回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルム・ドール賞を受賞した映画『パラサイト』が、今月21日に韓国で観客動員数1千万人を達成した。公開からわずか53日で1000万と249人が劇場で同映画を観覧したという。

韓国映画では史上19本目、7本の海外映画を含めると26本目の1千万動員映画。ポン監督作品としては、「『グエムル-漢江の怪物-』に続き2作目となる。

『パラサイト』は興行収入も群を抜いている。韓国では21日までに約852億ウォン(約80億円)売上を記録しているが、これは製作費の6倍以上に相当する。

ポン監督は「公開後、予想をはるかに上回る反響にとても驚いた。足を運んで下さった方々に心からお礼を伝えたい」と語った。

主演のソン・ガンホも「国民の韓国映画に対する自負と深い愛情の結果だと思う。誠に光栄だ」と感謝の意を表した。

映画評論家のチョン・チャンイル氏は「国際映画祭での受賞、批評的議論、興行収入の3つ全てを成し遂げた作品。決して万人受けとは言えない内容の映画が1千万人を超えた前例は過去にない。韓国だけでなく、世界でも稀有な成功例」と評価した。

配給会社のCJ ENMにとっては、『海雲台』、『光海、王になった男』、『バトル・オーシャン/海上決戦』、『国際市場で逢いましょう』、『ベテラン』、そして今年に公開された『極限職業』に続き7作目となる1千万人動員作品となる。

『パラサイト』の海外セールスも担当しているCJ ENMは、「本作は2020年までに世界各国で上映され、韓国映画の地位を飛躍的に向上させてくれるだろう」としている。

CJ ENMによると、『パラサイト』はこれまで202カ国で公開され、フランスやベトナムなどでは韓国映画の歴代興行収入1位を達成した。

また7月にはミャンマーとタイ、8月にはフィリピンとイスラエル、9月にはチェコ、スロバキア、ポーランド、ポルトガル。10月には北米、ドイツ、スペイン、ギリシャ、11月にはトルコ、ルーマニア、オランダ、12月にはスウェーデン、イタリア、ハンガリー。そして来年上半期にはイギリスと南米でも公開される予定だ。

翻訳者:M.I

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 現地の人材をブロックチェーン専門のエンジニアとして育成し、技術開発に投入する目的で、インドでの事業展…
  2. 米テスラは、中国・上海工場で生産する電気自動車にLG化学のバッテリーを搭載することを決定した。LG化…
  3. ドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」は22日(現地時間)、同社が電気自動車メーカー「テスラ」…
  4. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、済州企業の日本市場進出拡大のため、8月21日(…
  5. 韓国政府が22日、日韓軍事情報保護協定(GSOMIA)破棄を電撃決定したなか、河野太郎外務大臣はこの…

おすすめ記事

  1. 韓国の食品医薬品安全処は21日、放射能が微量検出されて返送履歴がある輸入食品の安全性検査件数を2倍に…
  2. 昨年6月に第2次世界大戦以降初めて、西ヨーロッパ最初の大衆迎合主義(ポピュリズム) 政府がイタリアに…
  3. 韓国国民の4人に3人は、日本が経済報復措置を撤回しない限り日本製品の不買運動は続くと予想した。…
  4. 日本製品の不買運動の影響でユニクロなど日本ブランドの韓国モバイルアプリケーション(アプリ)の利用率が…
  5. 日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする…
ページ上部へ戻る