アップル、アイフォン不振も過去最高売上高記録

アップル、アイフォン不振も過去最高売上高記録

—第2四半期538億ドルで成長傾向に転換
—アイフォン売上高は前年比12%減
—ウェアラブル端末やサービス部門の売上急増

アップルがアイフォンの販売不振にも関わらず過去最高の第2四半期売上高を記録した。これはアイフォン以外のサービス部門やウェアラブル端末市場の拡大によるものとみられる。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると7月30日、アップルの第2四半期売上高は538億1000万ドル(約5兆8762億円)で前年同期の532億6500万ドルより5億4500万ドル増加した。営業利益は115億4400万ドル(約1兆2606億円)で前年同期の126億1200万ドルより減少した。

当初ウォール街では、アップルの第2四半期売上高がアイフォンの販売不振により下落するとみられていた。今回の業績発表でもアイフォンの売上高は259億9000万ドル(約2兆8382億円)と、前年同期比で12%の減少となった。全体売上高に占める割合も48%と、2012年第3四半期の46.4%以来、7年振りの低い水準にまで低下した。アイフォンは一昨年まではアップル全体売上高の70%を占める中心的な製品だったが、最近では成長が限界に達した事で売上比重が徐々に減少する傾向にあった。

しかしアイフォンの不振にもアップルのアイパッドやマックをはじめ、アップルウォッチ、エアパッドなどのウェアラブル端末製品の売上高が55億ドル(約6006億円)と、前年同期比で48%増加した。アップストアやアップルミュージック、クラウドなどのサービス産業の売上高も115億ドル(約1兆2558億円)を記録し、利益率64%を記録した事で、アイフォンの販売不振を相殺した。

今回の業績発表の影響で同日のアップル株価は時間外取引で4%以上上げた217.45ドル(約2万3746円)を記録した。業績発表前日には0.4%下落していたのと対象的な結果だ。アップルのティム・クックCEOは今回の業績発表について「アップルが成長傾向に戻ったというニュースを伝える事が出来て嬉しい」と話した。

アップルのアイフォン販売不振は中国の影響が大きい事が分かっている。中国の景気沈滞により、香港や台湾を含んだ中国の売上高は91億6000万ドル(約1兆2億9490万円)と、前年同期比で4%減少した。市場調査期間カナリス(Canalys)は、ファーウェイやシャオミなどのライバル企業の低価格スマートフォンに対応するため、アップルが中国国内でのアイフォンの価格を下げたにも関わらず、市場占有率は0.6%下落した5.8%となった事を報告している。

翻訳:水野卓

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »