ビットコインは安全資産?…「まだ時期尚早」

ビットコインは安全資産?…「まだ時期尚早」

■投資銀行BMOアナリスト「ビットコインの安全資産扱いはまだ時期尚早」
最近続く強気相場にゴールドのような安全資産として受け入れられているビットコインについて警告の声が出ている。コインテレグラフが8日(現地時間)、報じた。

記事によると、投資銀行BMOキャピタル・マーケットのアナリスト、ブライアン・ベルスキー氏は「ビットコインを安全資産扱いするのはまだ時期尚早」とし「仮想通貨が過去数年間高い変動性と不確実性を見せたことを見落としてはいけない」と述べた。

■インド、仮想通貨禁止法案上程へ
インド政府は仮想通貨禁止法案を発議し、2020年1月に国会に上程する予定だと8日(現地時間)、AMBクリプトなど海外メディアが報じた。仮想通貨禁止法の草案はインド財務省から提出された。今年7月にインド政府の仮想通貨委員会が報告した仮想通貨取引禁止案が基礎となっているという。

AMBクリプトは、インドで仮想通貨禁止法が可決されれば129億ドル相当の仮想通貨市場を失ってしまう結果につながる可能性があると伝えた。

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  2. 株式会社「帝美」は12月10日、東京・目黒に位置する雅叙園で開催された、会員数1000人を超える年商…
  3. ナイキが「ブロックチェーン・スニーカー」の特許を出願した。 10日(現地時間)、ザ・ブロック…
  4. インドネシアのスマトラ島のアチェ特別自治州で、不倫などの疑いで公開むち打ち刑を受けた男性と女性が刑…
  5. 2019年に最も大幅の上昇を見せた仮想通貨はバイナンスコイン(BNB)であることが分かった。8日(現…

おすすめ記事

  1. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  2. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  3. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  4. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  5. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
ページ上部へ戻る