妊娠した娘の前で夫を殺害…インド「名誉の殺人」がまたも論争に

妊娠した娘の前で夫を殺害…インド「名誉の殺人」がまたも論争に

カースト制で最下層とされる“不可触民”と結婚したことを理由に、妊娠した娘の目の前で夫を殺害する事件がインドで発生し、再び「名誉の殺人」が激しい議論の的となっている。

海外メディアによると、テランガナ州に住むラオ(57)氏は2018年9月に殺し屋に依頼して婿のペルマラー(23)氏を殺害した。理由はペルマラー氏が不可触民であるからだ。

ラオ氏の娘であるアムルタ(21)氏は高校時代に出会ったペルマラー氏と長く交際し、親の反対にも昨年結婚した。アムルタ氏は商人階級で、カースト制では“不可触民”との結婚が禁じられている。そのため、二人は結婚後にオーストラリアに移住する計画だったが、妊娠したことが分かり、出産まで移住の計画を延期した。

事件は昨年9月に発生した。アムルタ氏と夫のペルマラー氏が一緒に産婦人科で診療を受けて帰る際に暴漢に襲われた。ペルマラー氏は首などに数回にわたって凶器で刺され、現場で死亡した。

殺人を依頼したラオ氏は警察の取調べに「娘に中絶を何回も要求したが拒否した」と、家族の名誉を守るために殺人を犯す“名誉の殺人”を主張したという。警察の発表によると、ラオ氏は過去にも殺し屋を雇用して3回も婿を殺害しようとしたが、失敗した。

ラオ氏をはじめ、同事件にかかわった6人は逮捕されたが、ラオ氏は今年4月に保釈で釈放された。理由は具体的に明らかになっていないが、海外メディアは「“名誉の殺人”の主張が一部認められたとみられる」と報じている。

一方、アムルタ氏は夫の死後にも、夫の家族と暮らし、今年1月24日には男の子を出産した。アムルタ氏はインドでカースト制度が消えるまで戦い続けると語った。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  2. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…
  3. 新型コロナウイルスの発生を最初に告発したものの、逆に中国政府の弾圧を受ける事になってしまった李文亮医…
  4. ビットコインは強力的な抵抗線である1万ドルを突破した。ビットコインが1万ドル台に進入したのは昨年11…
  5. 「ウクライナ・スキャンダル」から始まったドナルド・トランプ米国大統領に対する弾劾案が現地時間5日、米…

おすすめ記事

  1. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  2. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  3. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  4. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  5. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
ページ上部へ戻る
Translate »