妊娠した娘の前で夫を殺害…インド「名誉の殺人」がまたも論争に

妊娠した娘の前で夫を殺害…インド「名誉の殺人」がまたも論争に

カースト制で最下層とされる“不可触民”と結婚したことを理由に、妊娠した娘の目の前で夫を殺害する事件がインドで発生し、再び「名誉の殺人」が激しい議論の的となっている。

海外メディアによると、テランガナ州に住むラオ(57)氏は2018年9月に殺し屋に依頼して婿のペルマラー(23)氏を殺害した。理由はペルマラー氏が不可触民であるからだ。

ラオ氏の娘であるアムルタ(21)氏は高校時代に出会ったペルマラー氏と長く交際し、親の反対にも昨年結婚した。アムルタ氏は商人階級で、カースト制では“不可触民”との結婚が禁じられている。そのため、二人は結婚後にオーストラリアに移住する計画だったが、妊娠したことが分かり、出産まで移住の計画を延期した。

事件は昨年9月に発生した。アムルタ氏と夫のペルマラー氏が一緒に産婦人科で診療を受けて帰る際に暴漢に襲われた。ペルマラー氏は首などに数回にわたって凶器で刺され、現場で死亡した。

殺人を依頼したラオ氏は警察の取調べに「娘に中絶を何回も要求したが拒否した」と、家族の名誉を守るために殺人を犯す“名誉の殺人”を主張したという。警察の発表によると、ラオ氏は過去にも殺し屋を雇用して3回も婿を殺害しようとしたが、失敗した。

ラオ氏をはじめ、同事件にかかわった6人は逮捕されたが、ラオ氏は今年4月に保釈で釈放された。理由は具体的に明らかになっていないが、海外メディアは「“名誉の殺人”の主張が一部認められたとみられる」と報じている。

一方、アムルタ氏は夫の死後にも、夫の家族と暮らし、今年1月24日には男の子を出産した。アムルタ氏はインドでカースト制度が消えるまで戦い続けると語った。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  2. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  3. 韓国の100人あたりのワクチン接種件数は米国に比べ20分の1水準に留まっており、韓国経済にとってそ…
  4. ドイツ、フランス、イタリア、スペインの4ヶ国が英製薬大手アストラゼネカ社の新型コロナウイルス感染症…
  5. −訪日を前にブリンケン国務長官が日米韓協力強調−日韓関係回復への圧力との見方−日韓歴訪で対北政策の…

おすすめ記事

  1. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  2. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
  3. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…
  4. 東京渋谷に位置する有名デパートであるマルイで「KOREA PARK」イベントが2月23日~3月28…
  5. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
ページ上部へ戻る
Translate »