妊娠した娘の前で夫を殺害…インド「名誉の殺人」がまたも論争に

妊娠した娘の前で夫を殺害…インド「名誉の殺人」がまたも論争に

カースト制で最下層とされる“不可触民”と結婚したことを理由に、妊娠した娘の目の前で夫を殺害する事件がインドで発生し、再び「名誉の殺人」が激しい議論の的となっている。

海外メディアによると、テランガナ州に住むラオ(57)氏は2018年9月に殺し屋に依頼して婿のペルマラー(23)氏を殺害した。理由はペルマラー氏が不可触民であるからだ。

ラオ氏の娘であるアムルタ(21)氏は高校時代に出会ったペルマラー氏と長く交際し、親の反対にも昨年結婚した。アムルタ氏は商人階級で、カースト制では“不可触民”との結婚が禁じられている。そのため、二人は結婚後にオーストラリアに移住する計画だったが、妊娠したことが分かり、出産まで移住の計画を延期した。

事件は昨年9月に発生した。アムルタ氏と夫のペルマラー氏が一緒に産婦人科で診療を受けて帰る際に暴漢に襲われた。ペルマラー氏は首などに数回にわたって凶器で刺され、現場で死亡した。

殺人を依頼したラオ氏は警察の取調べに「娘に中絶を何回も要求したが拒否した」と、家族の名誉を守るために殺人を犯す“名誉の殺人”を主張したという。警察の発表によると、ラオ氏は過去にも殺し屋を雇用して3回も婿を殺害しようとしたが、失敗した。

ラオ氏をはじめ、同事件にかかわった6人は逮捕されたが、ラオ氏は今年4月に保釈で釈放された。理由は具体的に明らかになっていないが、海外メディアは「“名誉の殺人”の主張が一部認められたとみられる」と報じている。

一方、アムルタ氏は夫の死後にも、夫の家族と暮らし、今年1月24日には男の子を出産した。アムルタ氏はインドでカースト制度が消えるまで戦い続けると語った。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国のドナルド・トランプ大統領が2ヶ月前の新型コロナウイルス国家非常事態宣言以降で初めてとなるゴルフ…
  2. ビットコイン(BTC)が急激な下落傾向を見せている。一時は9千ドル台を割り込んだ。…
  3. 韓国の新型コロナウイルス感染者数が前日より20人増加した。…
  4. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  5. 最近、朝鮮半島で小規模な地震が多発している事で、韓国の地震の専門家らが大型地震発生の可能性を警告して…

おすすめ記事

  1. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  2. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  3. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
  4. 韓国の産業通商資源部は12日、日本の対韓国輸出規制強化措置について「我々は日本が提起した事由を全て解…
  5. 世界各地で移動制限(シャットダウン)が徐々に緩和される事で、新型コロナウイルスの感染者が再び増加する…
ページ上部へ戻る
Translate »