テスラ、中国電気自動車生産にLG化学のバッテリー搭載決定

テスラ、中国電気自動車生産にLG化学のバッテリー搭載決定

米テスラは、中国・上海工場で生産する電気自動車にLG化学のバッテリーを搭載することを決定した。LG化学が作った電気自動車のバッテリーは、テスラの中国産「モデル3」に初めて使用されるとみられる。

これまでテスラはパナソニックからバッテリーを購入してきたため、今回のLG化学との供給契約は非常に意味があると市場は分析している。

ブルームバーグは23日、テスラが今年1月に着工した中国・上海近くのテスラ生産工場で生産する電気自動車「モデル3」にLG化学のバッテリーが搭載することを決定したと報じた。また、テスラの新車種である「モデルY」にも同社のバッテリーが装着される予定だという。中国テスラ生産工場は来年末から生産が始まる。

供給契約の規模は明らかにされていない。LG化学側も「顧客社と関連する事案であるため、具体的な内容を明らかにすることはできない」とした。しかし、中国の電気自動車市場が急速に成長しているうえ、テスラが世界の電気自動車市場で占める位置を考慮してみると、かなりの規模になると関連業界は予想している。

ただしテスラはバッテリーの供給先の多様化のため、今後LG化学のほか他のグローバル企業と供給契約を結ぶ可能性もある。実際に今年3月からは中国最大のバッテリーメーカーCATCと供給契約と関連して議論していると伝わっている。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が40%台前半に落ち込んだ。世論調査会社「リアルメーター…
  2. 今年8月に日本を訪れた韓国人観光客数が前年の半分程度に急減した事が分かった。前年の数字を基準として見…
  3. 北朝鮮が西側の経済制裁を避けるための手段として、独自の仮想通貨の開発を推進していることが分かった。…
  4. 韓国大統領府は18日、ホームページ内に日本の輸出規制措置と関連し韓国政府の対応を説明する「日本語特別…
  5. 韓国でアフリカ豚コレラ(ASF)が拡散の兆しを見せているなか、豚肉の価格が暴騰する動きを見せ懸念が高…

おすすめ記事

  1. 韓国でアフリカ豚コレラ(ASF)が拡散の兆しを見せているなか、豚肉の価格が暴騰する動きを見せ懸念が高…
  2. 北朝鮮が食肉供給のためにウサギ飼育に心血を注いでいる。金正恩北朝鮮国務委員長もウサギの肉をさらに多く…
  3. LINE、日本で仮想通貨取引所オープン…クリプト金融市場開拓へ -BTC・ETH・XRP・B…
  4. [ワールドリポート] 炎に包まれる地球 北極やシベリア、インドネシア、ついにはアマゾンまで。…
  5. 写真は香港の行政トップ林鄭月娥行政長官/香港政府公式ホームページから 「逃亡犯条例」撤回引き…
ページ上部へ戻る