テスラ、中国電気自動車生産にLG化学のバッテリー搭載決定

テスラ、中国電気自動車生産にLG化学のバッテリー搭載決定

米テスラは、中国・上海工場で生産する電気自動車にLG化学のバッテリーを搭載することを決定した。LG化学が作った電気自動車のバッテリーは、テスラの中国産「モデル3」に初めて使用されるとみられる。

これまでテスラはパナソニックからバッテリーを購入してきたため、今回のLG化学との供給契約は非常に意味があると市場は分析している。

ブルームバーグは23日、テスラが今年1月に着工した中国・上海近くのテスラ生産工場で生産する電気自動車「モデル3」にLG化学のバッテリーが搭載することを決定したと報じた。また、テスラの新車種である「モデルY」にも同社のバッテリーが装着される予定だという。中国テスラ生産工場は来年末から生産が始まる。

供給契約の規模は明らかにされていない。LG化学側も「顧客社と関連する事案であるため、具体的な内容を明らかにすることはできない」とした。しかし、中国の電気自動車市場が急速に成長しているうえ、テスラが世界の電気自動車市場で占める位置を考慮してみると、かなりの規模になると関連業界は予想している。

ただしテスラはバッテリーの供給先の多様化のため、今後LG化学のほか他のグローバル企業と供給契約を結ぶ可能性もある。実際に今年3月からは中国最大のバッテリーメーカーCATCと供給契約と関連して議論していると伝わっている。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 日本の対韓国貿易収支が約1兆8000億円(前年比19.0%減)の黒字を記録したが、欧州の財政危機直後…
  2. 投資銀行ゴールドマン・サックスは、武漢市で発生した新型肺炎が国際原油価格を引き下げるほどの脅威になっ…
  3. 中国湖南省武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染者が571人まで増加し、死者も17人となった。この…
  4. 米ネットフリックスが21日(現地時間)、昨年第4四半期の実績を発表した。発表によると、海外の新規会員…
  5. ロシア極東ウラジオストクに輸入された日本製の自動車から基準値を超える放射線が検出され、日本に返送した…

おすすめ記事

  1. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  2. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  3. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  4. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  5. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
ページ上部へ戻る