中国、「原因不明」のウイルス性肺炎が拡散…第2のSARS恐怖

最近正体不明の呼吸器ウイルスが流布している中国・湖北省武漢市に行ってきた香港の女性が病院に隔離された。香港の英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト (SCMP)が3日(現地時間)、報じた。

記事によると、武漢市を行ってきた同女性は肺炎の症状を見せ、先月31日に病院に入院したが、病院側はすぐに同女性を隔離措置した。病院は、追加の検査のために患者のサンプルを保健省に送ったという。

湖北省武漢市では原因不明のウイルス性肺炎が2019年末から発生している。中国当局は肺炎感染事態が広がると、患者の発生が集中している地元の卸売市場を無期限閉鎖することにした。閉鎖されたのは水産市場で、水産物だけでなくキジやヘビなどの野生動物も売っているところ。武漢市では昨年12月以降、27人の患者が確認された。患者のほとんどは同市場の商人で、7人は危篤だという。

原因が分からない肺炎が集団発症したというニュースに、中国のネット上では「第2のSARS(重症急性呼吸器症候群)」ではないかと不安が広まっている。感染した患者は高熱や呼吸困難を訴えるなど、SARSと同様の症状を見せていることが分かった。2002〜2003年のSARS騒動当時には中国本土のみで約5300人が感染し、このうち394人が命を失った。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −24時間で約100万円下落−ビットコインの変動性に対する憂慮発言相次ぐ ビットコイン(BTC)が…
  3. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  4. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  5. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…

おすすめ記事

  1. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
  2. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  3. 養子となって僅か10ヶ月、養父母による虐待で死亡したジョンインちゃん(養子縁組後の名前:アン・ユル…
  4. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  5. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
ページ上部へ戻る
Translate »