不安高まるウイルス肺炎…中国当局は「人から人への感染は確認されてない」

中国政府が湖北省・武漢市で集団発生した原因不明の肺炎について重症急性呼吸器症候群(SARS)ではないと主張したが、患者が継続的に増え、周辺国の不安が高まっている。2002〜2003年に大流行したSARSは中国と香港など世界で774人の命を奪っていった。

香港の英字紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストは6日、武漢市当局の発表を引用して、原因が明らかにされていない新種の肺炎によって中国では59人が入院したと報じた。武漢市が初めて肺炎発生の事実を明らかにした昨年12月31日の患者数は27人で、一週間ぶりに2倍近く増加した数値。先週までは44人だったが、週末の間に15人も増えたことになる。

武漢市の保健当局である衛生健康委員会は前日にウェブサイトを通じて、「SARSや中東呼吸器症候群(MERS)、鳥インフルエンザ、インフルエンザなどの呼吸器疾患ではない」と発表した。また基礎調査の結果も発表し、「現在まで人から人への感染事例は確認されておらず、患者と接触した医療陣も感染されていない」と伝えた。患者と接触した163人についても観察したが、発熱などの異常症状は現在までになかったという。

しかし、当局の説明とは異なり、周辺国の不安は高まっている。中国に次いで最大の被害国である香港は、感染が疑われる患者が増え、同紙によると、現時点で17人が入院している。患者の殆どが最近武漢市を訪れていたことも報じられている。

香港と一緒にSARSの被害国であったシンガポールでも感染が疑われる最初の患者が確認された。シンガポールの保健当局は、ウイルス肺炎に感染したとみられる中国国籍の3歳の少女を隔離措置したと発表した。この少女も武漢市を旅行したていたことが分かった。

武漢市の保健当局は、「現在は伝染病が多く発生する季節。室内の空気を換気し、空気がよく通らない場所や人が多く集まる場所では、必要なときにマスクを使わなければならない」と助言している。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. ハロウィンの梨泰院圧死事故では、緊急災害メッセージの発信が遅かったとの批判も見られる中、韓国政府も緊…
  2. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  3. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  4. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  5. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
ページ上部へ戻る
Translate »