不安高まるウイルス肺炎…中国当局は「人から人への感染は確認されてない」

中国政府が湖北省・武漢市で集団発生した原因不明の肺炎について重症急性呼吸器症候群(SARS)ではないと主張したが、患者が継続的に増え、周辺国の不安が高まっている。2002〜2003年に大流行したSARSは中国と香港など世界で774人の命を奪っていった。

香港の英字紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストは6日、武漢市当局の発表を引用して、原因が明らかにされていない新種の肺炎によって中国では59人が入院したと報じた。武漢市が初めて肺炎発生の事実を明らかにした昨年12月31日の患者数は27人で、一週間ぶりに2倍近く増加した数値。先週までは44人だったが、週末の間に15人も増えたことになる。

武漢市の保健当局である衛生健康委員会は前日にウェブサイトを通じて、「SARSや中東呼吸器症候群(MERS)、鳥インフルエンザ、インフルエンザなどの呼吸器疾患ではない」と発表した。また基礎調査の結果も発表し、「現在まで人から人への感染事例は確認されておらず、患者と接触した医療陣も感染されていない」と伝えた。患者と接触した163人についても観察したが、発熱などの異常症状は現在までになかったという。

しかし、当局の説明とは異なり、周辺国の不安は高まっている。中国に次いで最大の被害国である香港は、感染が疑われる患者が増え、同紙によると、現時点で17人が入院している。患者の殆どが最近武漢市を訪れていたことも報じられている。

香港と一緒にSARSの被害国であったシンガポールでも感染が疑われる最初の患者が確認された。シンガポールの保健当局は、ウイルス肺炎に感染したとみられる中国国籍の3歳の少女を隔離措置したと発表した。この少女も武漢市を旅行したていたことが分かった。

武漢市の保健当局は、「現在は伝染病が多く発生する季節。室内の空気を換気し、空気がよく通らない場所や人が多く集まる場所では、必要なときにマスクを使わなければならない」と助言している。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −24時間で約100万円下落−ビットコインの変動性に対する憂慮発言相次ぐ ビットコイン(BTC)が…
  3. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  4. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  5. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…

おすすめ記事

  1. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
  2. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  3. 養子となって僅か10ヶ月、養父母による虐待で死亡したジョンインちゃん(養子縁組後の名前:アン・ユル…
  4. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  5. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
ページ上部へ戻る
Translate »