カカオが大幅値上がり… 2大生産国が「チョコレートOPEC」結成

チョコレートの原料となるカカオの生産国が石油輸出国機構(OPEC)のような機構を結成しており、今後チョコレート製品の価格が上昇すると予想される。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が5日(現地時間)、報じた。

世界のカカオの60%以上を生産しているコートジボアールとガーナは、現在の1トン当たり2500ドルで取引される価格から400ドル値上げして販売することを決定した。そのため、ケーキとアイスクリーム、チョコレートのような製品の値が高くなることが予想される。

カカオの頭文字にOPECを付けた「COPEC(コペック)」とも呼ばれている2国の動きに、1073億ドル規模の世界チョコレート市場にすでに混乱が現れている。400ドル値上げは今年10月から実施される予定。トレーダーやブローカーらは、「過去20年中にカカオ市場で最も大きな変化になるだろう」と見ている。

ガーナとコートジボアールは昨年、チョコレート業界の代表者との会合で、カカオ豆の最低価格として1トン当たり2600ドルを提示した。しかし、多国籍チョコレートメーカーはポリシーの不透明さと市場への混乱を理由にそれを拒否した。そのかわりにカカオ豆の先物価格にプレミアム価格を乗せることで合意した。

プレミアム価格に反発する声もあるが、多くのチョコレートメーカーはアフリカの貧困国である2国の農民たちの所得と生活水準の向上に寄与したいとして、プレミアム価額を受け入れる方針だ。世界銀行によると、カカオ農家の80%が1日3ドル未満で暮らしている。

カカオ生産国は1970〜80年代にも国際的な合意を通じて価格を安定させようとしたが、過度に高く設定された価格のせいで合意は守れず、その後価格も40%急落した。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ビットコイン(BTC)が1万1000ドルラインを突破した。ビットコインの価格が1万1000ドルを超え…
  2. アップルは来たる9月8日に新製品発売イベントをオンラインで開催し、アイフォン12やアップルウォッチ第…
  3. 世界の新型コロナウイルス感染者が今月26日時点で1600万人を超えた。依然として米国の感染者数が最も…
  4. 初心者でも世界を相手にした貿易ビジネスに飛び込めるという、グローバル貿易情報提供プラットフォームが公…
  5. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…

おすすめ記事

  1. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  2. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
  3. WHO(世界保健機構)が新型コロナウイルスの感染拡大はまだ進行中であり、来週には全世界の患者数が10…
  4. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  5. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
ページ上部へ戻る
Translate »