「空飛ぶ車」に現代自とウーバーが提携発表

現代自動車とウーバーが個人用の飛行体(PAV)をベースにした「都心航空モビリティ(UAM)」事業での協力体系を構築した。両社は、人類が夢見てきた未来のモビリティの革新をリードして具体化するという戦略だ。

現代自動車グループの鄭義宣(チョン・ウィソン)総括首席副会長とウーバーのコスロシャヒ最高経営責任者は7日(現地時間)、米国ラスベガス開幕した世界最大のデジタル技術見本市「CES 2020」で「都心航空モビリティ事業推進のための協力契約」を締結した。

鄭総括首席副会長は「ウーバーとの協力などをもとに、人間の移動を自由にする新技術の開発と事業を積極的に推進する」と強調した。

今回のパートナーシップ締結で、現代車はPAVを開発。ウーバーは航空乗車共有ネットワークを介して顧客に都心航空モビリティサービスを提供する予定。業界では、車両開発と製造、バッテリーベースの駆動システムの分野で優れた能力を保有している現代自と、PAV設計とモビリティサービスプラットフォーム分野で高い技術力を確保しているウーバーの協力が航空モビリティ分野でシナジー効果が最大限に発揮されると見込んでいる。

また現代車は前日の6日、CESで発表したPAVコンセプト「S-A1」の実物を初めて公開した。同コンセプトは、ウーバーとの協力を通じて完成したもの。S-A1は、滑走路なしで飛行が可能な電気推進垂直離着陸(eVTOL)機能を搭載した都心航空モビリティで、合計8つのプロペラを装着して、最大100キロメートルを飛行することができるように開発された。

現代車はウーバーとの協力をより強固にし、世界最高水準のPAVを開発する計画だ。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国経済は新型コロナウイルス感染症の影響で、今年第2四半期に過去最悪の成長率-32.9%を記録した。…
  2. 一時出国した後、日本への再入国が閉ざされていた留学生や駐在員などの再入国が、来月初から制限的に許可さ…
  3. ビットコイン(BTC)が1万1000ドルラインを突破した。ビットコインの価格が1万1000ドルを超え…
  4. アップルは来たる9月8日に新製品発売イベントをオンラインで開催し、アイフォン12やアップルウォッチ第…
  5. 世界の新型コロナウイルス感染者が今月26日時点で1600万人を超えた。依然として米国の感染者数が最も…

おすすめ記事

  1. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  2. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
  3. WHO(世界保健機構)が新型コロナウイルスの感染拡大はまだ進行中であり、来週には全世界の患者数が10…
  4. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  5. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
ページ上部へ戻る
Translate »