「空飛ぶ車」に現代自とウーバーが提携発表

現代自動車とウーバーが個人用の飛行体(PAV)をベースにした「都心航空モビリティ(UAM)」事業での協力体系を構築した。両社は、人類が夢見てきた未来のモビリティの革新をリードして具体化するという戦略だ。

現代自動車グループの鄭義宣(チョン・ウィソン)総括首席副会長とウーバーのコスロシャヒ最高経営責任者は7日(現地時間)、米国ラスベガス開幕した世界最大のデジタル技術見本市「CES 2020」で「都心航空モビリティ事業推進のための協力契約」を締結した。

鄭総括首席副会長は「ウーバーとの協力などをもとに、人間の移動を自由にする新技術の開発と事業を積極的に推進する」と強調した。

今回のパートナーシップ締結で、現代車はPAVを開発。ウーバーは航空乗車共有ネットワークを介して顧客に都心航空モビリティサービスを提供する予定。業界では、車両開発と製造、バッテリーベースの駆動システムの分野で優れた能力を保有している現代自と、PAV設計とモビリティサービスプラットフォーム分野で高い技術力を確保しているウーバーの協力が航空モビリティ分野でシナジー効果が最大限に発揮されると見込んでいる。

また現代車は前日の6日、CESで発表したPAVコンセプト「S-A1」の実物を初めて公開した。同コンセプトは、ウーバーとの協力を通じて完成したもの。S-A1は、滑走路なしで飛行が可能な電気推進垂直離着陸(eVTOL)機能を搭載した都心航空モビリティで、合計8つのプロペラを装着して、最大100キロメートルを飛行することができるように開発された。

現代車はウーバーとの協力をより強固にし、世界最高水準のPAVを開発する計画だ。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  2. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  3. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  4. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…
  5. 米国ホワイトハウスでの新型コロナウイルス感染拡大が止まらない。日々新たな感染者が発生し、現在までホ…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »