「空飛ぶ車」に現代自とウーバーが提携発表

現代自動車とウーバーが個人用の飛行体(PAV)をベースにした「都心航空モビリティ(UAM)」事業での協力体系を構築した。両社は、人類が夢見てきた未来のモビリティの革新をリードして具体化するという戦略だ。

現代自動車グループの鄭義宣(チョン・ウィソン)総括首席副会長とウーバーのコスロシャヒ最高経営責任者は7日(現地時間)、米国ラスベガス開幕した世界最大のデジタル技術見本市「CES 2020」で「都心航空モビリティ事業推進のための協力契約」を締結した。

鄭総括首席副会長は「ウーバーとの協力などをもとに、人間の移動を自由にする新技術の開発と事業を積極的に推進する」と強調した。

今回のパートナーシップ締結で、現代車はPAVを開発。ウーバーは航空乗車共有ネットワークを介して顧客に都心航空モビリティサービスを提供する予定。業界では、車両開発と製造、バッテリーベースの駆動システムの分野で優れた能力を保有している現代自と、PAV設計とモビリティサービスプラットフォーム分野で高い技術力を確保しているウーバーの協力が航空モビリティ分野でシナジー効果が最大限に発揮されると見込んでいる。

また現代車は前日の6日、CESで発表したPAVコンセプト「S-A1」の実物を初めて公開した。同コンセプトは、ウーバーとの協力を通じて完成したもの。S-A1は、滑走路なしで飛行が可能な電気推進垂直離着陸(eVTOL)機能を搭載した都心航空モビリティで、合計8つのプロペラを装着して、最大100キロメートルを飛行することができるように開発された。

現代車はウーバーとの協力をより強固にし、世界最高水準のPAVを開発する計画だ。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 日本の対韓国貿易収支が約1兆8000億円(前年比19.0%減)の黒字を記録したが、欧州の財政危機直後…
  2. 投資銀行ゴールドマン・サックスは、武漢市で発生した新型肺炎が国際原油価格を引き下げるほどの脅威になっ…
  3. 中国湖南省武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染者が571人まで増加し、死者も17人となった。この…
  4. 米ネットフリックスが21日(現地時間)、昨年第4四半期の実績を発表した。発表によると、海外の新規会員…
  5. ロシア極東ウラジオストクに輸入された日本製の自動車から基準値を超える放射線が検出され、日本に返送した…

おすすめ記事

  1. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  2. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  3. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  4. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  5. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
ページ上部へ戻る