日韓文化交流企画公演『福を呼ぶ』、9日東京・なかのZEROで開催

公演概要

本公演は「福を呼ぶ」と題し、新しい年を迎えるにあたり沢山の福を呼び込みたいとの思いから企画されました。招福のプログラムは日韓コラボレーションを柱としています。日本と韓国の文化は古くから深い関わりを持ち、伝統芸能にも多くの共通性や類似点がみられます。一方、それぞれの独自性も大切に受け継がれてきました。これらの魅力を最大限に引き出し融和させることで、これまでにない伝統芸能の世界が広がり、専門家による熱気あふれる多彩な演技を通して次々と福がやって来るでしょう。また、伝統芸能は庶民の生活から生まれたものが数多くあります。

日本でも韓国でも新年を寿ぎつつ福を念じて祈りを捧げ、災厄を払い福をもたらす歌や踊りに願いを託します。こうした人々の思いが形となった伝統芸能を新たな視点からとらえ、日韓の伝統芸能を担う専門家の様々なアプローチを踏まえて可能性を追求した斬新なプログラムは、必ずや息づく庶民の生命力を伝え、そこに込められた福への思いを叶えてくれるはずです。その力強い生命力を体感し、さらに一体感をも味わえたら、日韓両国の魂の一端に触れることができるでしょう。輝かしい一年のスタートにあたり、本公演の名手たちが織り成す色とりどりの福を、より多くの皆様にお届けできれば幸いです。観客席と演技者がともに表現する『福を呼ぶ』で感動を共有し、なかのZEROの初福を受け取っていきませんか?

●公演
日韓文化交流企画公演『福を呼ぶ』
●開催日時
令和2年01月09日(木)
●会場
中野区なかのZERO大ホール
●主催
特定非営利活動法人 文化・芸術工房
●後援
駐日韓国大使館韓国文化院 ・一般社団法人愛の分かち合い
●協力
・株式会社Mazinger MUSIC ・特定非営利活動法人舞台芸術21ネットワーク・一般社団法人邦楽囃子研究所歳松会

主催者TEL:03-6313-0398 FAX:03-4285-9738
代表者:金大伊   担当者:長谷川こずえ  
メール:kdl71013@yahoo.co.jp
チケット販売:なかのZEROチッケトセンター 
TEL:03-3382-9990(10:00〜19:00)
料金:全席 7,000円  
ホームページ

http:// http://bunkageijutsu.net/fukuoyobu

関連記事

ピックアップ記事

  1. ヨーロッパではイタリアに続きスペインも新型コロナウイルス感染症による死者の数が中国を超えた。現在、全…
  2. 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は、1年延期された東京五輪の開催時期について「夏に限定し…
  3. 写真はpixabayから 英国王室のチャールズ皇太子が新型コロナウイルスに感染したことが分か…
  4. 25日の韓国株式市場で総合株価指数(KOSPI、コスピ)は5%を超える大幅の続伸を記録し1700台を…
  5. 米国のニューヨーク株式市場が新型コロナウイルス感染拡大に対する景気浮揚策への期待感から11%上昇した…

おすすめ記事

  1. 韓国の人口が、3カ月連続で「自然減」となったことがわかった。婚姻と出産が急減したことが原因で、出生児…
  2. 韓国企業が、マスクの再利用が可能となる抗菌剤を開発し、注目を集めている。科学専門企業「Ventex」…
  3. 韓国京畿道城南市陽地洞(ソンナム市ヤンジ洞)にある教会「恩恵の川」の信徒40人が新型コロナウイルスに…
  4. 新型コロナウイルス感染症が全世界に拡がり、各国でマスクや消毒剤の品不足が起こっている中、突如としてト…
  5. 1981年に発表されたディーン・クーンツの小説「闇の眼」のキーワードだ。新型コロナウイルス感染症が中…
ページ上部へ戻る
Translate »