2020年の1人当たりGDP世界トップは?

2020年の1人当たりGDP世界トップは?

国際通貨基金(IMF)は、2020年からはマカオが世界で一番富裕な地域になると予測した。

香港の日刊紙サウスチャイナ・モーニングポスト(SCMP)は8日、IMFが先月公表した世界経済見通し報告書を引用し、カジノ産業に支えられているマカオが2020年からカタールを追い抜き、1人当たりの国内総生産(GDP)で世界一位になると報じた。

香港と共に中国の特別行政区であるマカオの1人当たりGDPは現在12万2489ドル(世界2位)。12万8702ドルのカタール(世界1位)を約6300ドル差で追っている。

IMFはマカオのカジノ産業が既に米国ラスベガスを追い抜いて世界一となっていることを挙げ、マカオの1人当たりGDPが2020年には14万3116ドルを記録すると予測した。

一方、マカオで弁護士兼社会運動家として活動しているセルジオ・アルメイダ・コレイア氏は自身のブログに「緑地と公害、教育、保健、体育、再生エネルギー、リサイクル、公共施設の衛生と清潔、障害者への福祉、自転車専用道路、公共交通などで、マカオはGDPのレベルに比べて遅れを取っている」と指摘した。

国際連合(UN)によると、マカオの1平方キロメートルあたりの人口密度は2万1322人で、世界一を記録中だ。

翻訳:尹怡景
info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »