ビットコイン、今後の動きは?…8500ドル突破が鍵

ここ1週間の間に10%以上の強い上昇率を見せているビットコイン。しかし現在は8200ドルの壁の前で伸び悩んでいる様子だ。仮想通貨情報サイトのコインマーケットキャップによると、13日午後12時基準でビットコインの価額は過去24時間前より約0.5%高の8120ドル前後で推移している。

仮想通貨専門メディアのニュースBTCは、「ビットコインは昨年の14000ドルのピークと比べまだ約40%下落した価格で取引されているが、現在の主な技術指標はビットコインが再びより高いレベルに上昇する準備ができているというシグナルを送っている」とし「5月に予定されている半減期(マイニングの作業報酬が半分に減額)の後に2万ドルまで急騰すると予想される」と伝えた。

またコインテレグラフはビットコインの今後の動きについて「今の勢いを維持する場合、ビットコインは抵抗線である8500ドル突破を試みる。この価格帯が突破されれば10500ドルや11000ドルの領域まで上昇し続ける可能性がある」と分析した。

その一方、「今回の反発はグローバル情勢の影響が大きかったが、地政学的リスクが解消されたため、市場の雰囲気も急激に変化する可能性に注意しなければならない」と指摘する声も出ている。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »