「米中の貿易緊張はまだ終わってない」

米国と中国の「第1段階の貿易合意」にもかかわらず、貿易をめぐる両国の緊張はまだ終わっていないという意見が出た。

米CNNビジネスは15日(現地時間)、米中が1段階の貿易合意に署名したが、貿易緊張による世界経済への不確実性は依然として残っていると報じた。

米中が署名した第1段階の貿易合意は、紛争解決、知的財産権の保護などと関連し、あいまいな内容が多く、中国の産業補助金、国営企業支援などの「国家資本主義」の軌道修正という根本的な問題は2段階の交渉に先送りした。同メディアはこれを理由に、「今後の交渉で双方間の緊張が継続して高くなる可能性がある」と懸念した。

英調査会社キャピタル・エコノミクスも最近の報告書で、第1段階の貿易合意について「低いところにある実を収穫するレベル」とし「米国と中国間の緊張関係の終息を意味するものではない」と指摘している。

両国の貿易合意にもかかわらず、米国と中国が依然として高い関税を維持している点も好ましくない。中国の対米輸出品のうち約3分の2の水準である3700億ドルに追加関税がついており、米国の対中国輸出品の半分以上が中国の関税対象となっている。

両国間の緊張によって技術開発も遅くなっているという指摘も出ている。最近香港で開かれたイベントに参加した元米連邦準備制度理事会(FRB)議長のジャネット・イエレン氏は、「米中の緊張が人工知能(AI)、第5世代(5G)移動通信、その他の安全保障関連技術の発展を阻害している」と警告した。

キャピタル・エコノミクスの中国エコノミスト、マーク・ウィリアムズ氏は昨年10月に公開した報告書で、世界経済が米国と中国の二大軸に割れているとし、「このような二極化は、人材、技術、アイデアの流れを制限し、グローバルの生産性を萎縮させる可能性が高い」と懸念した。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »