Googleの時価総額が「1兆ドル」突破…米企業中4社目

Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突破した。

アルファベットは同日、米IT企業ではアップル、マイクロソフト、アマゾンに続いて時価総額1兆ドルを達成した。現在、アマゾンの時価総額は9300億ドルに落ちたが、6200億ドルであるフェイスブックまで合わせると、米IT企業5社の時価総額総額は5兆2000億ドルとなる。米株の体表的な株価指数であるS&P500の17%を占める数値だ。ダウ・ジョーンズ・マーケット・データによると、アルファベットの時価総額は9000億ドルから1兆ドルになるまで47取引日がかかった。

Googleは、検索と広告、YouTube、Androidで利益を創出してきた。アマゾンとマイクロソフトには至らないが、クラウド事業でも急速に売り上げが増えており、自律走行車の開発など未来のビジネスにも投資を拡大している。

Googleだけでなく米IT企業の見通しは依然として楽観的だ。2018年8月に時価総額1兆ドルを突破したアップルの場合、多くの専門家らが今年中に2兆ドルまで増加すると予測している。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 写真はバイデン候補のツイッタから 米国大統領選挙が2週後に迫った状況で、民主党のジョー・バイデン候…
  2. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  3. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  4. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  5. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »