中国人観光客の帰還…サービス業・小売業が好転傾向

中国人観光客の帰還…サービス業・小売業が好転傾向

-韓国統計庁による第2四半期の市・道における動向
-済州の小売販売17.4%アップ、ソウル・仁川も免税店好況

ソウル、済州、そして仁川地域のサービス業における生産・小売販売部門が、昨年同時期に比べ増加したことが分かった。済州に至っては、小売販売で二桁以上の上昇率を記録した。昨年末以降、THAAD(高高度防衛ミサイル) 報復措置の影響が収まり、中国人観光客の財布の紐が緩んだためと分析される。

9日に統計庁が発表した「2018年、第2四半期の市・道サービス業における生産・小売販売動向」によると、昨年同時期に比べて済州の数値変動が最も目立った。済州はサービス業生産部門で免税店など卸・小売(6.3%)、金融・保険(14.2%)、宿泊・飲食店(2.5%)などの好調で、2.9%の増加率を記録した。

済州は小売販売だけで昨年比17.4%ポイント、前四半期比10.8%ポイントとそれぞれ上昇した。免税店(57.9%)、乗用車・燃料小売業(13.4%)、スーパー・雑貨・コンビニ(8.2%)での販売増加に起因するものと統計庁は解釈している。

主要観光都市であるソウルと仁川のサービス業生産、小売販売の数値も上昇した。ソウルはサービス業生産4.3%、小売販売7.0%、仁川はサービス業2.5%、小売販売3.4%など各部門で増加した。

ソウルの場合、大型マートでは4.6% 減少したものの免税店では63.7%上がり、これが小売販売全体の増加に繋がった。仁川も免税店での販売が20.5%増加した。

世宗市のサービス業生産は、保険・社会と不動産で昨年同期に比べて、それぞれ10.5%、7.0%拡大という結果だった。小売販売は乗用車・燃料小売店で15.9%、大型マートで10.9%の増加した。

蔚山(-1.8%)、慶尚南道(-0.8%)、忠清北道(-0.6%)などでは小売販売部門で乗用車・燃料小売店は増加を見せたが、専門小売店、百貨店、大型マートなどでの販売が落ち込み、全体的には減少した。

統計庁はこれに「自動車、造船のような地域主力産業の不振などの影響を受けた」とした。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 現地の人材をブロックチェーン専門のエンジニアとして育成し、技術開発に投入する目的で、インドでの事業展…
  2. 米テスラは、中国・上海工場で生産する電気自動車にLG化学のバッテリーを搭載することを決定した。LG化…
  3. ドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」は22日(現地時間)、同社が電気自動車メーカー「テスラ」…
  4. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、済州企業の日本市場進出拡大のため、8月21日(…
  5. 韓国政府が22日、日韓軍事情報保護協定(GSOMIA)破棄を電撃決定したなか、河野太郎外務大臣はこの…

おすすめ記事

  1. 韓国の食品医薬品安全処は21日、放射能が微量検出されて返送履歴がある輸入食品の安全性検査件数を2倍に…
  2. 昨年6月に第2次世界大戦以降初めて、西ヨーロッパ最初の大衆迎合主義(ポピュリズム) 政府がイタリアに…
  3. 韓国国民の4人に3人は、日本が経済報復措置を撤回しない限り日本製品の不買運動は続くと予想した。…
  4. 日本製品の不買運動の影響でユニクロなど日本ブランドの韓国モバイルアプリケーション(アプリ)の利用率が…
  5. 日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする…
ページ上部へ戻る