中国人観光客の帰還…サービス業・小売業が好転傾向

中国人観光客の帰還…サービス業・小売業が好転傾向

-韓国統計庁による第2四半期の市・道における動向
-済州の小売販売17.4%アップ、ソウル・仁川も免税店好況

ソウル、済州、そして仁川地域のサービス業における生産・小売販売部門が、昨年同時期に比べ増加したことが分かった。済州に至っては、小売販売で二桁以上の上昇率を記録した。昨年末以降、THAAD(高高度防衛ミサイル) 報復措置の影響が収まり、中国人観光客の財布の紐が緩んだためと分析される。

9日に統計庁が発表した「2018年、第2四半期の市・道サービス業における生産・小売販売動向」によると、昨年同時期に比べて済州の数値変動が最も目立った。済州はサービス業生産部門で免税店など卸・小売(6.3%)、金融・保険(14.2%)、宿泊・飲食店(2.5%)などの好調で、2.9%の増加率を記録した。

済州は小売販売だけで昨年比17.4%ポイント、前四半期比10.8%ポイントとそれぞれ上昇した。免税店(57.9%)、乗用車・燃料小売業(13.4%)、スーパー・雑貨・コンビニ(8.2%)での販売増加に起因するものと統計庁は解釈している。

主要観光都市であるソウルと仁川のサービス業生産、小売販売の数値も上昇した。ソウルはサービス業生産4.3%、小売販売7.0%、仁川はサービス業2.5%、小売販売3.4%など各部門で増加した。

ソウルの場合、大型マートでは4.6% 減少したものの免税店では63.7%上がり、これが小売販売全体の増加に繋がった。仁川も免税店での販売が20.5%増加した。

世宗市のサービス業生産は、保険・社会と不動産で昨年同期に比べて、それぞれ10.5%、7.0%拡大という結果だった。小売販売は乗用車・燃料小売店で15.9%、大型マートで10.9%の増加した。

蔚山(-1.8%)、慶尚南道(-0.8%)、忠清北道(-0.6%)などでは小売販売部門で乗用車・燃料小売店は増加を見せたが、専門小売店、百貨店、大型マートなどでの販売が落ち込み、全体的には減少した。

統計庁はこれに「自動車、造船のような地域主力産業の不振などの影響を受けた」とした。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  2. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…
  3. 新型コロナウイルスの発生を最初に告発したものの、逆に中国政府の弾圧を受ける事になってしまった李文亮医…
  4. ビットコインは強力的な抵抗線である1万ドルを突破した。ビットコインが1万ドル台に進入したのは昨年11…
  5. 「ウクライナ・スキャンダル」から始まったドナルド・トランプ米国大統領に対する弾劾案が現地時間5日、米…

おすすめ記事

  1. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  2. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  3. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  4. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  5. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
ページ上部へ戻る
Translate »