ICO選別始まる…半数が目標未達

ICO選別始まる半数が目標未達

-ICOの規模、前四半期比2.5倍に増加も成功率は45%に急落

「リバースICO」が主流に

新規仮想通貨公開(ICO)市場で投資家による選別が本格化している。ここ1~2年の間はICOを行えば、大抵は目標金額を達成していたが、今年の第2四半期には、ICOを行った企業の55%が目標未達に終わり、ICOに失敗している事が分かった。

業界では、新規のブロックチェーン事業としての特色が無いICOや、しっかりとしたビジョンを示せなかったICOが、失敗に終わる事例が今後増えると予想しながらも、「仮想通貨投資家がICOプロジェクトに対して厳しく選別する傾向になりつつある」と肯定的に評価している。

12日、ICO専門分析社のICOレーティングが発表した報告書によると、今年の第2四半期だけで827のブロックチェーン企業がICOを行い、総額835000万ドル(9200億円)の投資金を集めている。今年の第1四半期のICOへの投資金333000万ドルに比べ、2.5倍以上に増加した事になる。

ICO市場、僅か3ヶ月で2倍に成長成功率は半分以下」
全体としてのICOの規模は増加しているものの、企業が得る投資金が十分ではなかったケースも少なくない。2四半期にICOを行った企業で、目標金額を達成した企業は45%に留まったとの調査結果が発表された。つまり55%は目標金額未達に終わっている事になる。ICOを行った827の企業で、10万ドル(1100万円)以上の投資金を集め、ICOで事業資金を確保出来た企業も204社に留まった。

これについて業界では、投資家が本格的にICOに対する選別をしている証だと評価している。しっかりとしたビジョンを示せなければ、今後はICOに失敗するケースがほとんどだという事になる。

ICOに投資する投資家もまた、満足する結果を得られていないケースがほとんどだという。全体のICOプロジェクトのうち、仮想通貨取引所に上場されたのは僅か7%。つまり残り93%ICOプロジェクトの投資家は、取引所上場が成されなかった事で、投資金の回収が出来ていない。

業界のある関係者は、「昨年や年初までは、ICOにまで至れば少なくとも数十億円の投資金を集められたが、これからは明確なビジョンの提示が無かったり、信頼出来るチームメンバーやアドバイザーがいないICOには、ハナから投資金が集まらない」と、「業界では、第2四半期を起点にICO市場も大幅に減少するだろうとの分析も出ている」と話した。

リバースICO増加の流れ韓国ブロックチェーン産業が主導権を獲得するチャンス
今第2四半期のICO企業の特徴は、既に既存のサービスで成功している企業がブロックチェーン技術を結合し、該当サービスを一段階アップグレードするためにICOを行う、いわゆる「リバースICO」が急増したという点だ。

ICOレーティングは、ICO全体の15%がリバースICOだと分析している。これは前四半期より6%増加した数値。業界の専門家らは「リバースICOは世界的に見ても韓国企業が主流をなしており、ブロックチェーン産業で韓国企業が主導権を握る機会が整えられつつある状況だ」と評価した。

韓国政府が、昨年9月からあらゆる種類のICOを禁止すると発表した状況下ではあるものの、ICOレーティングは、二つのプロジェクトが韓国を基盤にしてICOを行ったと分析している。具体的な企業名やプロジェクト名は明かされていない。

翻訳水野

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. パウエル議長がまたも利下げ示唆…「適切に行動していく」 パウエル連邦準備制度理事会(FRB)…
  2. “リブラ衝撃”にBTCが急落…一部では6000ドルまで後退も予想 Facebookの独自仮想…
  3. 米国のドナルド・トランプ大統領は16日、北朝鮮問題について「制裁は引き続き維持されている」と、急ぐ事…
  4. 台風5号「ダナス」発生…日本への影響は? 台風5号「ダナス」がフィリピンの東海上で発生した。…
  5. 17日の仮想通貨市場は、ほとんどの銘柄が前日比10%以上の暴落を見せるなど重い雰囲気が漂っている。米…

おすすめ記事

  1. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  2. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  3. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  4. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  5. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
ページ上部へ戻る