ICO選別始まる…半数が目標未達

ICO選別始まる半数が目標未達

-ICOの規模、前四半期比2.5倍に増加も成功率は45%に急落

「リバースICO」が主流に

新規仮想通貨公開(ICO)市場で投資家による選別が本格化している。ここ1~2年の間はICOを行えば、大抵は目標金額を達成していたが、今年の第2四半期には、ICOを行った企業の55%が目標未達に終わり、ICOに失敗している事が分かった。

業界では、新規のブロックチェーン事業としての特色が無いICOや、しっかりとしたビジョンを示せなかったICOが、失敗に終わる事例が今後増えると予想しながらも、「仮想通貨投資家がICOプロジェクトに対して厳しく選別する傾向になりつつある」と肯定的に評価している。

12日、ICO専門分析社のICOレーティングが発表した報告書によると、今年の第2四半期だけで827のブロックチェーン企業がICOを行い、総額835000万ドル(9200億円)の投資金を集めている。今年の第1四半期のICOへの投資金333000万ドルに比べ、2.5倍以上に増加した事になる。

ICO市場、僅か3ヶ月で2倍に成長成功率は半分以下」
全体としてのICOの規模は増加しているものの、企業が得る投資金が十分ではなかったケースも少なくない。2四半期にICOを行った企業で、目標金額を達成した企業は45%に留まったとの調査結果が発表された。つまり55%は目標金額未達に終わっている事になる。ICOを行った827の企業で、10万ドル(1100万円)以上の投資金を集め、ICOで事業資金を確保出来た企業も204社に留まった。

これについて業界では、投資家が本格的にICOに対する選別をしている証だと評価している。しっかりとしたビジョンを示せなければ、今後はICOに失敗するケースがほとんどだという事になる。

ICOに投資する投資家もまた、満足する結果を得られていないケースがほとんどだという。全体のICOプロジェクトのうち、仮想通貨取引所に上場されたのは僅か7%。つまり残り93%ICOプロジェクトの投資家は、取引所上場が成されなかった事で、投資金の回収が出来ていない。

業界のある関係者は、「昨年や年初までは、ICOにまで至れば少なくとも数十億円の投資金を集められたが、これからは明確なビジョンの提示が無かったり、信頼出来るチームメンバーやアドバイザーがいないICOには、ハナから投資金が集まらない」と、「業界では、第2四半期を起点にICO市場も大幅に減少するだろうとの分析も出ている」と話した。

リバースICO増加の流れ韓国ブロックチェーン産業が主導権を獲得するチャンス
今第2四半期のICO企業の特徴は、既に既存のサービスで成功している企業がブロックチェーン技術を結合し、該当サービスを一段階アップグレードするためにICOを行う、いわゆる「リバースICO」が急増したという点だ。

ICOレーティングは、ICO全体の15%がリバースICOだと分析している。これは前四半期より6%増加した数値。業界の専門家らは「リバースICOは世界的に見ても韓国企業が主流をなしており、ブロックチェーン産業で韓国企業が主導権を握る機会が整えられつつある状況だ」と評価した。

韓国政府が、昨年9月からあらゆる種類のICOを禁止すると発表した状況下ではあるものの、ICOレーティングは、二つのプロジェクトが韓国を基盤にしてICOを行ったと分析している。具体的な企業名やプロジェクト名は明かされていない。

翻訳水野

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »